夏!仕上がり別オススメリップ!

 

夏メイクは崩れることも想定して、さらっとすませたりすることも多くなるかとおもいます。
ただ、リップだけはきちんと塗っておくことで顔全体の印象も大きく変わります。

 

“きちんと”というのは濃く塗ればいい訳ではなく、その日の気分や予定、他メイクやファッションに合わせて選んで塗るということです。

 

今回は、私がこの夏よく使っているリップを仕上がり別にご紹介致します。

 

 

仕上がり別!リップでつくるメイク全体の印象

 

仕上がりの質感でメイクの印象は大きく変わってきます。
ツヤがしっかりあるもの、マットでしっかり発色するもの、メイクや服が同じでもリップでガラッと印象が変わります。

 

特に、メイクで印象作りが苦手という方はまずはリップで印象作りができるようになってみると、普段とっても楽になりますよ。

 

 

色付きはきちんと、さらっとしたツヤ仕上がり

 

1本目にご紹介するのはこちら。

クレドポーボーテ ブリアンアレーブルエクラ 5

 

ブリアンアレーブルエクラは色によって発色具合は異なりますが、5はボトルからみたまま発色します。
唇の色が薄い私でも1本でOKなリップグロスです。

 

さらっとしていてべたつきが少ないので夏にも使いやすいです。
また、透き通ってはいないけれど、透き通っているような透明感をかもしだすことができるリップです。

 

色味がきつくないツヤ感があるリップを塗ると、肌全体も潤ったように見える効果も若干プラスされますね。
また、テカリすぎないツヤは自然な仕上がりで清潔感を演出することもできます。

 

 

抜群な自然さ、色持ちともに機能的リップ

 

2本目にご紹介するのはこちら。

ランコム ラプソリュラッカー 216

今年発売されてからずっと使っているリップです。
とにかく好きで、こちらやSNSでもよく登場しているリップですね。

 

このリップは、仕上がりは塗ったときはツヤ仕上がり、時間が経過すると少しセミマット感がでてきます。

 

色持ちがいいのはもちろん、216カラーは仕上がりがとても自然です。
ツヤツヤしすぎたり、マットすぎるものは良い意味でも悪い意味でも「塗っている感」はでてしまいますよね。

もちろん、こちらも塗っているのですが、塗っている感がない。
自分の唇にしっかり馴染むからこそ、自然さがでてくるのかとおもいます。

 

 

私の大好きなリップの1つ、マキアージュのウオータリールージュとことあたりは似ていますね。(ランコムの方が液がゆるく、色展開も豊富です。)

自然な仕上がりのリップはどんな場面、どんなメイクにも合わせやすいです。
とくに、仕事で接客や営業などしていると「自分の好き」よりも「相手へ不快感を与えない」ことも大事となってきますよね。

メイクは自分をより綺麗にすることができるツールですが、周囲への方への配慮もできる方はより素敵に感じます。
人によってどんな点を不快に感じるかは違うので、仕事の重要ポイントや大事な場面など、自然さを求めるリップを塗りたいときにも使えるアイテムです。

 

と、いっても私はこの自然さが大好きなので大事な場面でなくてもよく使っています。
こちらと、マキアージュのウオータリールージュは鞄に入れておく私の安心お守りアイテムです。

 

 

トレンド感がだせるセミマットリップ

 

3本目にご紹介するのはこちらです。

リンメル エアリーホイップ チーク&リップ 005

チークにも、リップにも使用できるアイテムです。
005のカラーは、チークに使うときは本当に少量でOK。結構しっかり発色します。

 

リップとして使うとセミマットな仕上がりです。ふわっとした唇に仕上げることができます。
もちろん、発色もとてもいいです。また、マット系は色持ちもツヤ系よりはよくなります。

 

シアーなタイプやツヤタイプとは違い、マットタイプのリップを塗ると落ち着き感がでます。
少し落ち着いた雰囲気や、大人っぽさをメイクで出したいときにはマットタイプはとても便利です。

 

ただ、注意が必要なのは色選びです。
例えば、使いやすいベージュカラー。ベージュカラーでマット系を選ぶと、肌馴染みもよく落ちついて見えるのですが落ち着きすぎてしまう可能性もあります。

少しかさついた印象もでるので色選びは重要です。
ベージュといっても様々な色味があるので色選びを工夫したりするといいですね。

今期はマットリップがはトレンドでもあるので、トレンドを取り入れたいときにリップを使うのはとても簡単な方法ですね。

 

 

リップがメイン!マットなレッド

 

最後にご紹介するのはこちらです。

トーン ペタルエッセンスリップ 218

するする塗ることができるマットリップ。
そして、とてもレディ感がUPするレッドカラー。

 

直塗りよりもブラシで丁寧にリップラインをとってから塗るのがオススメです。
赤リップを使うと一気に口元がメイクの主役になります。
夏は汗や皮脂でメイクが崩れることが予想されるのでアイメイクやチークは控えめにしている方も多いと思います。

 

そんな時、メイクでポイントを作りたいなら口元でしっかりカラーを使うのがオススメ。
赤は万人が使いやすいカラーです。

トーンが高すぎるものは浮いて見えてしまうこともあるので、少しおちつたトーンのものを選ぶのがオススメですよ。

 

 

以上が、私がこの夏使っているリップの中です。
質感別に4本をチョイスしました。

どれも、オススメリップ。

 

リップで色々なメイクを楽しんでくださいね。

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ