夏にぴったりふんわりポニーテールの3ポイント!

 

暑い日が続いていますね。
暑いと髪をまとめることが多くなりますが、ぱぱっとできるヘアスタイルNo.1はやはり1つに結んだポニーテールではないでしょうか。

 

ただ、簡単だからこそちょっとしたポイントで仕上がりが変わります。

 

ふわっとした高め位置のポニーテールはこの時期にぴったりのヘアスタイル。
ポニーテールをふわっとさせるにはいくつかポイントをおさえれば簡単にできるんです。

 

ふんわりポニーテールのポイント

 

まずは、プロセス動画をご覧ください。

 

 

ふんわりとしたポニーテールに仕上げるには、大きく3つのポイントがあります。
このポイントをおさえると、しっかりきっちりしすぎてしまったり、だらしなくなってしまうことがなくふわんり感をだすことができます。

 

 

では早速ポイントをしっかりおさえていきましょう。

 

 

 

まずは、髪全体を巻いておきます。

これは、仕上がりスタイルの好みがあるので必ず巻かなければいけないということはありません。ただ、巻いていた方がふんわり感は出しやすいですね。

 

 

【Point1】
トップの髪の分け目をラフに

 

まず、最初のポイントがポニーテールをつくる前にあります。

 

後ろで1つでまとめる前に、髪をサイドに一旦まとめます。
この時、しっかりトップの部分の分け目もくずしてサイドにもってきます。

 

ポニーテールをした時にしっかり感がですぎてしまうのは分け目がしっかりでてしまっているケースが多くあります。
一度分け目をくずすことで、しっかり感が軽減します。

サイドにまとめた髪は、手ぐしを通しながら中心にもってくればOKです。

 

 

まとめた髪を結びます。

今回は少し高めに。
高めのポニーテールは少しカジュアルな雰囲気に、低めのポニーテールは落ち着いた雰囲気になりますね。

私はこの時期、汗が髪に触れるのが嫌なので外を歩く時間が長い時は高めに結んでいます。

 

 

【Point2】
ゴムを必ずおさえて髪はほんの少し引っ張り出す

結んだら、必ずゴム部分をおさえながら、トップの髪を少し引っ張り出します。

まずはゴムの近くの髪をちょっとひっぱる感じ。
バランスを見ながら全体の髪を少しひっぱり自然な感じを出します。

 

耳を隠したり、後れ毛の調節もこの時に行います。

 

今回はゴムを髪で隠します。
アレンジスティックを使って隠します。

 

アレンジスティックは私はamazonで購入しました。

ポニーアレンジスティックをamazon.co.jpで見る

 

スティックを入れる際、髪の表面にでるようにすると成功しやすいですよ。

 

 

 

【Point3】
横に、縦に、バランスをみてぎゅっ!

 

そして最後の仕上げです。
まずは、ポニーテールの根元部分をもって、横にぎゅっとひしきめます。

 

そして、縦にもぎゅっとします。

縦にぎゅっとすると、髪が縦に広がります。
ふわっとさせたい時は、横にぎゅっとした後、数回縦にぎゅっとしてみてください。
この時、合わせ鏡で後ろのバランスを見ながら行うといいですね。

 

完成です。

 

私自身、髪の量は少なく、髪も細い方です。ボリュームが出にくいのが悩みです。
直毛なので巻きも取れやすいタイプの髪質です。

なので、ふんわり感を出す時は、巻いてからこの方法でまとめ、仕上がったら全体に少量のワックスをもみこんで仕上げています。
そうすると、今の時期でもふんわり感がでたポニーテールで1日過ごすことができます。

 

 

今回のポイントは3つ。

・トップの髪の分け目をラフに

・ゴムを必ずおさえて髪はほんの少し引っ張り出すイメージ

・横に、縦に、バランスをみてぎゅっ!

 

 

暑い夏!快適に、でも見た目も妥協しない!ヘアスタイルで過ごしましょう。

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ