スキンケア時の手の使い方で肌がぐっと変わります。

 

スキンケアはアイテム選びと同じくらい使い方が大切です。
同じアイテムでも、使い方を変えるだけでぐっと使用感や肌への変化を感じます。

 

中でも肌へアイテムをつける動作はとても重要。

クレンジングや洗顔なら汚れの落ち具合や洗い上がりのつっぱり感減少、化粧水やクリームなら肌への刺激や翌朝の肌のもっちり感などのすぐわかる変化を感じます。

 

肌へアイテムを塗る動作を、今日から少し意識してみましょう。

 

基本的な手と指の使い方

以前、あるイベントでスキンケアについてお話をすることがありました。
15分程度だったのですが、その際にスキンケア時の手や指の動きや使い方についてお話しました。

 

短い時間だったのですが、参加された方からのご感想で「いつも使っている洗顔は洗浄力が弱いかなと思っていたのですが、その時の方法で実際に洗顔をしたところいつもより汚れがすっきり落ちた!」といただきました。

 

 

 

その方法は、時間をかけたりゴシゴシしたりするのではなく、手の動きや指の使い方をちょっと工夫するだけです。

 

たったこれだけのことですが、アイテムの良さをぐっと引き出したり、肌に与えてしまう刺激をすくなくすることができるのです。
スキンケアは日々つの積み重ねですから、肌刺激を少なく行うのは綺麗な肌を維持していく為には大切なことです。

 

 

では、早速基本的な手と指の使い方をアイテム別にご紹介します。

 

 

クレンジング

まずはクレンジング。
肌をゴシゴシするのは嫌だけれども、メイク残りがあるのも嫌ですよね。

できるだけ肌に負担を与えないよう、しっかりメイクにクレンジング剤をなじませましょう。

 

 

手のひらにクレンジング剤をとったら、手で覆うようにしてメイクに馴染ませます。
この時、いつもメイクオフをして落ちがイマイチ甘いかなと思う部分があれば(目元や小鼻など)、まずはそこを重点的に最初に馴染ませましょう。

 

馴染ませる時は、化粧水を顔につける時と同じように肌にぎゅっと手のひらをおしつけるようにします。

(鼻に馴染ませる時にも手を面にして優しく覆います。)

 

指は開かず、少し反るような感じが基本の手も形です。

 

やわらかい面をつくり、顔に沿ってフィットさせるようにしてクレンジング剤を馴染ませましょう。

また、メイクが濃い部分などメイクが少し落としにくい部分は指の腹を使います。
指の腹も、手のひらよりも狭い面として使います。

 

目元などはくるくるして馴染ませるだけでなく、指の腹でぐっと肌に押し付けるようにしてください。

クレンジングや洗顔時は、肌がデリケートになりやすいのでなるべく摩擦や刺激を与えたくありません。
大きくゴシゴシ、くるくるする必要はありません。肌にぎゅっと押し付けるように馴染ませましょう。

 

よって、クレンジングも伸ばしやすい、馴染ませやすいテクスチャー、成分のものを選ぶようにするといいですね。

 

 

洗顔

次は洗顔です。

 

洗顔は少し勘違いされやすいスキンケア。
「泡立ちがいい=洗浄力あり、やさしく馴染ませられる」と思われがちですが、必ずしもイコールにはなりません。

 

ある程度泡立ちがあればこすらず馴染ませることができるのでOK。
もしくは、泡立たないアイテムもありますがそういうったものでもとてもいいアイテムもあります。

洗顔もクレンジングと似ているのですが、クレンジングよりもよりより肌に押し込むように意識します。

 

 

泡立ちがあるものであれば、泡をぎゅっと押し込むようにプッシュします。
このとき、肌に手のひらが触れない程度に泡を押し込むようにします。

ある程度プッシュ洗いが終わったら、クレンジング同様指の腹を使い気になる部分をよりプッシュしましょう。

 

ただ泡をころがすよりも、優しく押し込むようにすることで時間をかけず汚れを落とすことができます。
洗顔はあまり時間をかけずに素早く行うようにしましょう。

 

 

化粧水

化粧水を塗る時、一旦手のひらにだした後に両手に広げます。
そのままの手で顔を覆うようにして全体に馴染ませます。

 

その状態で心の中で2〜3秒をカウント。
顔に軽く押し込みます。

 

顔全体に馴染ませたら、再度化粧水をとり同じことを繰り返します。

全体に満遍なく馴染ませるために、2、3回程度重ね付けすると安心です。
あまりにも重ね付けするのは、肌をペタペタ触りすぎなので注意しましょう。

 

 

クリーム

クリームは他アイテムよりも伸ばしにくいので顔に点にわけておきます。

5点置きなどと言われたりもしますが、額、両頬、鼻、顎あたりにポンポンと分けてのせます。

 

そして、手のひらの面で優しくゆっくりのばします。

 

全体に馴染ませた後に、小じわや乾燥が気になる部分は、その部分を少し指でひっぱり伸ばした後に指の腹で小さい円を描くように馴染ませます。

 

 

クリームは、水溶性成分、油性成分が配合されているので保湿成分や有効成分も安定して配合させやすいです。

 

(この画像はすっぴん。正しい方法でスキンケアをすると、いつも以上にもっちり肌をキープできますよ。)

 

乾燥が気になる時は、まずはクレンジングと洗顔のアイテム、使い方の見直し、そしてクリームで保湿効果が高いものを選ぶといいですね。

朝の場合はクリームをたっぷり塗るとメイクよれに繋がるので、化粧水で保湿成分が高配合されているものを選ぶとよいでしょう。

 

 

 

スキンケアは基本的なことをきちんと行うことが大切です。

 

何も考えずにただ肌にのせたり、塗ったりするのではなく少しだけ「意識」をするようにまずは心がげてみてくださいね。

 

 

 

私のスキンケアの愛用品はMy favorite itemsにまとめています。

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

セルフヘアアレンジ講座 2/2<残2席>

美肌コース講座 3/3・4/7<残4席>

魅力度300%UP講座 2/16<残9席>

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ