ぱっくり割れ前髪からふんわり流し前髪の作り方

 

夜スキンケア後は髪が顔に当たらないようにしています。

朝のセットを考えると、前髪を下ろすセットなら夜のドライ時既にそのようにしておいた方がセットしやすいのですが…。
どうしてもスキンケア後や寝ている時、髪が顔につくのが嫌なんです。刺激にもなりますし。

 

分けて乾かしたり、ピンなどで留めておくと朝の前髪はぱっくり割れています。

 

ここからふわっとおろし前髪のセットをしても、癖がついているのでどうしてもぱっくり割れがち。
しかし、ちょっとしたことを気をつけるだけで簡単にふんわり流し前髪セットができます。

 

 

割れないふんわり前髪セット

私の朝の髪はこのような感じです。

 

前髪は夜に乾かす時にサイドにながすようにして、さらに寝る前まで顔にかからないようピンで留めているのでぱっくり割れています。

 

このまま単に毛先だけ巻いてもふんわりならないので根元からしっかり直します。
前髪のぱっくり割れは、根元の流れが重要なのでここをきちんと直して流したい方向にセットします。

 

 

スプレーに水を入れ、根元にしっかり吹きかけます。
ドラッグストアなどでヘアスプレーも売っていますよね。そちらでもいいですが、べとついたりパリっとしてしまうものもあるので私は水を使っています。

 

根元をしっかり濡らしたら、ブラシでざっくり根元の癖を直します。
特に、ぱっくり分けていた分け目の箇所はしっかり上下左右に動かして癖をとります。

 

 

今回は、ふんわり前髪ということなので下に下ろして乾かすので髪を下ろします。
サイドにしっかり流す時には、この段階でサイドに分けます。セットするヘアによってどのように前髪を下ろすのかは変わってきます。

前髪を下ろしたら、指の腹で根元を小刻みに動かして癖をしっかりとります。

 

 

そして、乾かします。乾かす時も、まずは根元の癖をとるように指の腹を動かしながら乾かします。

 

ある程度根元が乾いてから、ぺたっとならないよう空気をいれるようにして乾かします。

 

 

乾かすとこのようになります。ぱっくり具合がしっかりとれていますよね。
ただ、このままではふんわり感はないのでブローをして前髪をふわっとさせます。

 

 

根元から立ち上げるようにしてブローをします。

 

 

そして最後、ブラシを縦にして流す方向に引き抜きます。
こうすることで、根元からふわっとし、流れができる前髪に仕上がります。

 

 

このままでもいいのですが、湿度が高い夏やもっとカールを強く出したい時、また癖が取れやすい方はヘアアイロンで毛先の流れをよりつけるといいですよ。

 

私もスタイルによっては、ヘアセットの最後にバランスをみつつ前髪の毛先を巻きます。
根元は既にふんわりしているので、毛先のみ巻きます。

 

 

これで完成です。
横から見た時も根元からふんわりしていて自然ですよね。

 

 

ぱっくり割れもなくなりました。

 

 

動画にもまとめているのでこちらもご覧ください。

 

 

 

 

根元をしっかり直し、乾かす方向、ブローがうまくできれば簡単にセットできます。

忙しい朝でもぱぱっとできるので、ぜひふんわり前髪セットの際はしてみてください。

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ