エクセルの新色アイシャドウが可愛い!

 

エクセルのアイシャドウは、粉質や発色、色持ちがいいので普段からよく使っているアイシャドウです。
ナチュラルメイクにぴったりな組み合わせで捨て色がないので、パレットタイプでも躊躇なく購入できるのできます。

 

そんなエクセルのアイシャドウから新色がでたのですが、これがまたかわいい!

私の大好きなカラーで、ピンク系だけど普段使いできて今の季節にぴったりなんです。
今回は、新色のアイシャドウを使ってナチュラルに大きく目を見せるポイントを合わせてご紹介致します。

 

 

ナチュラルメイクでピンクを取り入れたい方にオススメ!

今回使ったのは、

エクセル スキニーリッチアイシャドウ SR06

エクセルのアイシャドウは、カラーによっては人気で品切れになっていることも多いですよね。
私は、会社近くのPLAZAで購入しました。

 

 

では、早速アイメイクをはじめていきます。

 

 

 

 

まずは、アイホール全体にAの色を広げます。

  

眉下あたりまでしっかり入れても大丈夫です。色味はほぼなく、肌トーンが上がり次にのせるアイシャドウが馴染みやすくなります。

 

 

次に、Bを二重幅より少し広めにのせます。


ピンク系のアイシャドウだと、腫れぼったくなってしまわないか心配になりますが、薄づきなので腫れぼったさも感じにくいです。

 

 

次に、Cを黒目上から目尻にかけてのせます。


幅は二重幅程度でOKです。目を開けた時に深みがでて見えます。
Cは、少しピンクがかったブラウンです。バーガンディーメイクとしてBとCの色を使って今の時期から冬まで色々な使い方ができそうですね。

 

 

次に、Dを目のキワにのせます。


この時、目の上だけでなく、アイラインを伸ばすあたりまでアイシャドウものせます。(矢印の部分です)

こうすることで、アイラインを引いて目を開けた時に、自然な陰影ができます。
ナチュラルに目を大きく見せる為には、陰影をうまくつけられるかどうかが鍵になってきます。

また、Dまでアイシャドウを入れたら1度ブレンディングブラシでしっかりアイシャドウを馴染ませてあげましょう。
こうすることで、境界線が目立ちにくくなり、日中のアイシャドウの粉飛びやヨレも感じにくくなります。

 

 

 

アイラインは、デジャヴュの新作クリームアイライナーを使用しました。

   

 

 

マスカラを塗って完成です。

マスカラは、ルナソルのフェザリーラッシュマスカラを使用しました。

 

 

下まぶたは、Aを全体、Cを目の中央から目尻にかけてうっすら、Dを目尻1/3から上瞼でのせた線につながるように入れます。(赤い矢印部分にDの色がのっていますよね。これを繋がるようにして下まぶたはDをのせています。)

 

腫れぼったさは感じず、深みのあるアイメイクになりました。

 

 

このかわいさをもっと伝えたいので動画を撮影しようと思ったのですが、生憎の雨で・・・
色味が全くうまく撮れなかったので動画はまた後日ご紹介しますね。

 

 

秋アイシャドウでお探しの方は、エクセルの新色をチェックしてみてくださいね。

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ