ここをカバーするとメイク仕上がりが1ランクアップ!

 

今の自分のメイク仕上がりを更にいいものにするとしたら、どの部分に取り組みますか?

 

使っているパウダーや、下地、ファンデーションなど、自分のなりたい肌に合っているかな?と確認するのもいいですね。
アイメイクをもっとキレイにできるようになりたい!というものいいですね。

 

他にはどうでしょう?

 

私だったら、生活感を感じてしまう部分をなるべくなくすメイクをします。

例えば、小鼻や頬の赤みなどをきちんとカバーします。

 

こういった部分は“赤み”をカバーしてあげるとキレイな仕上がりになるのですが、コンシーラやファンデーションを重ねただけだとイマイチ隠れない場合もありますよね。

 

そんな時はまずは、グリーンのコントロールカラーを試して欲しい!今日は、オススメ2アイテムを比較してみようと思います。

 

 

グリーンで赤み消し!

そもそも、なぜグリーンがいいのかというと、

補色の関係で考えると分かりやすいですね。

 

 

上の色相環でいうと、対になっている色が補色の関係にあります。
補色の色同士を重ねると、それぞれの色を打ち消しあってくれます。(逆に隣り合わせるとお互い引き立てあいます。)

肌の赤みというと、真っ赤というよりは若干くすんだ感じですよね。なので、グリーンあが補色としてはオススメ。色によってはブルーなんかも使えます。
黄ぐすみなんかは、ブルーを使うと透明感がでますね。

さて、そこで今日比較するコントロールカラーはこちらの2つ。

Dior フィックスイットカラー 400グリーン

セザンヌ 赤み補正コンシーラー

です。

 

手に出してみるとDiorのものは、

 

 

リップスティックような形からも想像できるようなスラスラ〜と塗れるタイプです。
厚塗り感が出にくく、しかしグリーン感もきちんとでるのでとても使いやすいタイプです。

 

 

次にセザンヌのもの。

 

こちらは、クリーム状にでてきます。

画像で分かりやすいように多めにだしましたが、顔に塗るにはこれは出しすぎな量です。

伸びはいいので、少量を伸ばしていくとこんな感じになります。

 

 

 

赤み目立ちがきつく、範囲が広範囲の場合はゼザンヌ、。小鼻のようなヨレやすい箇所にはさらっと塗れるDiorがオススメです。

 

 

コントロールカラーを使用する時に注意したいのは、悩みの箇所のみに使う、厚塗りしない、これのみで悩みを消そうとしないということです。

 

カラーで打ち消したい悩み以外の箇所に塗ると、顔色が「!?」というくらいおかしくなってしまいます。
また、厚塗りすると、コントロールカラー自体の色がしっかりでてしまうので、キレイに仕上げるのが逆に難しくなってしまいます。

 

そしてなにより、コントロールカラーのみで肌の色を整えようとしないことです。
コントロールカラーは、あくまで肌悩みを色でカバーしようというものです。

赤み部分にダイレクトにコンシーラやファンデーションを塗るよりも、コントロールカラーで一度色味を抑えておいた方が上からコンシーラーやファンデーションを塗った時にカバーしやすくなります。

なので、コントロールカラーで赤みが消えない!からといって、厚塗りはしないようにしましょう。

 

 

こういったポイント、ポイントをきちんとカバーしているからこそ「キレイな肌だな、メイクだな」という印象を見た人に与えます。

肌悩みを上手くカバーしてキレイな仕上がりのメイクを目指しましょうね!

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>美肌コース講座

2018/5/20・6/17

正しい肌知識を得て、肌に優しいスキンケア方法に変更し、美肌を手に入れましょう♡

 

>>ヘアアレンジセミナー

8/5

毎日のヘアアレンジをマスターしよう!アレンジ前の巻き髪・ピン留め・基本アレンジetc...♡

 

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいた基礎化粧品!愛用スキンケアアイテムです♡

 

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

 

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ