手持ちアイシャドウがここまで変わる!綺麗な目元をつくりましょう。

 

メイクは、ちょっとしたコツやアイテムをプラスするだけで、今以上に綺麗な仕上がりになります。

 

 

例えばアイシャドウ。

 

 

時間が経つと二重幅にアイシャドウがたまってしまう。

発色がいいと評判のアイシャドウなのになんだか瞼にのせるとイマイチ。

気がつくとのせた場所とは違う箇所に粉飛びしている。

 

 

アイシャドウをのせるコツももちろんあります。が、今日はアイテムでこのお悩みを解消したいと思います。

 

 

アイシャドウベースは使うとやめれない!

 

 

アイシャドウを塗る際に、アイシャドウベースは使われていますか?

講座の時に質問をすると、何人かいる程度で大半の方は使用していないとのこと。

 

ただ、アイシャドウベースは使うと、使わずにはいられない!となります。発色も、色持ちも、キープ力も断然違うからです。

 

 

じゃあ使いたいなっ!と言う時に選ぶ基準がなかなか難しかったりもしますよね。

 

今日はわたしのおすすめ

 

 

NARS スマッジプルーフ アイシャドウベース

をご紹介致します。

 

 

 

こちら、スティックタイプになっていて、開けるとチップがでてきます。

ここに白いクリームのような液体がついているので、こちらを瞼に塗って使用します。

 

このまま瞼に持って行き、塗ってもいいのですが、
・チップが汚れる
・付ける量が多すぎるとうまく馴染まない
・乾くのが早い
という理由から私は指にちょこっと取ってから瞼に広げています。

 

 

片側の瞼で米粒くらいの量でOK!最初はもっと少なくてもいいかもしれません。つけるぎると仕上がりが逆に汚くなるので上手く調節してつけます。

 

 

NARSのアイシャドウベースは、ラメも入っていない、無色透明なので次に使うアイシャドウを選ばず使う事ができます。

 

他ブランドだと、ラメ入りだったり、色付きだったりするアイシャドウベースもありますよね。
もちろん、その次に使うアイシャドウによってはこの様なタイプでもOKですが、最初の1本ならNARSが使いやすいかなと思います。

 

 

 

どのくらい違うの?

では、実際使うとどの程度の違いがあるかみてみましょう。

 

腕にアイシャドウベースを塗り、

 

綺麗に伸ばしたあと、その上にアイシャドウをのせた場合と、何もない箇所に同じアイシャドウをのせた場合で比べてみます。

 

 

発色も違いますよね。ブラシでつけましたが、色ムラも少ないです。

 

この画像では伝わりにくいですが、日中のアイメイクヨレもかなり少なくなります。
アイラインが消えてしまう、ということもアイシャドウベースを下に塗っておくと消えることも減りますよ。

 

 

メイクは、ちょっとしたちょっとしたコツやアイテムをプラスするだけで、今以上に綺麗な仕上がりになります!!

たった1アイテムをプラスするだけで今持っているアイテムがより上手く使えるのは嬉しいですよね。

 

 

これは、ポイントメイクに限ったことでなく、ベースメイクでももちろん同じ。

全体に同じ下地を使う?
くすみがある時は、下地にパープルがいい?それともパウダー?
シミやニキビ跡を上手く隠すにはコンシーラーのみでOK?

などなど・・・・

 

 

 

アイテムとコツを織り交ぜることで綺麗がつくれます。
しかも、メイクってした瞬間から綺麗になれるのが嬉しいですよね。
自分次第ということです。

 

自分が思う、綺麗・可愛いを毎日作ってあげましょうね!

 

 

ーーーーーーーーーーーー
間も無く受講申し込み終了!

4/29
ナチュラルベースメイクレシピ♡習得講座

ベースメイクが綺麗にできないと、ポイントメイクも映えません!
綺麗な肌をメイクで作ってあげましょう!

 

詳細はこちら
ーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

本日19時LINE配信!

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ