わたしのまゆげ事情

 

 

 

私は毛が薄い方です。
髪も量もあまりなく、細いのでボリュームがあまりでません。

 

髪だけでなく他の毛もそうなのですが、
1番困ったのは眉毛です。

 

昔の流行りで若い時に
眉毛を物凄く細くして、薄くしていたので、
その代償からか、今も眉毛は薄い。
(昔、細眉がとても流行っていたんですよね・・・!)

 

自然な眉メイクをするには、
やはり自分の元の眉毛は合った方が断然しやすい。

 

そこで、最近はまつ毛美容液を塗る際に眉毛にも塗ったりして
眉毛育毛をこっそりしていました。笑
(特にかぶれたりしないのであれば、まつ毛美容液を使用してもいいと思いますよ)

 

その成果があってか、放置していたのもあってか、
自然な眉毛にできるくらいの量は生えてきたかな・・・と思います。

そんな私の眉毛から、
自然眉毛を作る為のポイントや、
眉で顔全体の印象をぐっとアップさせる方法をご紹介いたします。

 

素っぴん眉

 

 

まず、こちらが私の素っぴん眉毛です。
(肌はスキンケア後、ベースメイク済み)

 

メイクがしやすいように眉毛はなるべく整えています。

ただ、左右全く均等に眉を整えるのは
生えている場所などを考えると難しい。

 

メイクをする場合にも当てはまりますが、
眉毛を左右均等にするには、
両方のバランスをみつつ、どちらか片方を基本眉にするとしやすいですよ。

 

眉山の位置など、右側の眉毛を基本として、
そちらに揃えるように左側の眉も整えています。

 

また、メイクで少し気分が変えられるように、
素っぴん眉は若干アーチがかったような形にしています。

 

直線的な眉にしたい時はメイクで調節していますよ。

 

そして余計な眉毛はピンセットで抜いています。
抜くと皮膚がたるむ・・・という話も聞きますが、
あまりにもかけ離れているところにある毛なら剃るよりも抜いてしまった方がいいと思います。

(昨日のLINE配信では、愛用している毛抜きをご紹介しました。)

 

小学生の頃から眉毛を抜いて整えていたのですが
たるむようなことはまだ感じていません。

 

そして自然眉を作る上で大切なのが
「眉頭」です。

眉頭は、極力いじらないようにしています。
眉毛と眉毛の間の毛は、
気になるようであれば抜いてあげる程度で、
眉頭そのものはいじらない。

 

 

自然な眉毛は、眉頭も、眉の中心もまったく同じ濃さではないですよね。

 

海苔をはったような眉メイクは、
眉頭もきっちり塗っている事が多いように思います。

 

 

よって、素っぴん眉の時点であまりいじらない方が
眉メイクもしやすいのです。

 

普段の眉メイクアイテム

 

私が普段使っている眉メイクアイテムは、

アイブロウパウダー

KATE デザイニングアイブロN EX-4

 

アイブロウペンシル

KATE アイブロウペンシルN BR-4

 

アイブロウマスカラ

ボビイブラウン ナチュラルブローシェイパー オーバーン

です。

アイブロウ系のコスメは、
色の違いなどもありますが、プチプラで十分綺麗な眉が作れます。

アイテムよりも、使い方が大切になってくる部分ですね。

 

使う順番は、

アイブロウパウダー

アイブロウペンシル

アイブロウマスカラ

です。

最初にアイブロウパウダーで、眉自体を埋めます。
ただ、私は素っぴん眉自体の形を生かしているので最初にアイブロウパウダーを使用しています。

___________________
すっぴん眉の形が作りたい眉の形とは大きく異なる場合、
(眉山の位置や眉尻)
まずはペンシルで眉山、眉尻の位置をとった方が失敗しませんよ。
___________________

 

自然眉毛の大きなポイントがここで1つ。

アイブロウパウダーを使う際ですが、
眉頭から少し離れた所からスタートして眉の形をはっきりとっていきます。

 

最後に筆にのこったパウダーで眉頭をささっと軽く埋めてあげる程度にします。

 

 


自然な眉のはじまりができますよ。

 

眉尻がちょっと短いので
(小鼻と目尻を結んだ延長線上のに眉尻がくるのが基本的な眉尻の取り方)
すこしペンシルで伸ばします。

そして、このままでは眉毛の「毛」自体に色がついていないので、
アイブロウマスカラをしてあげます。

最後にささっとスクリューブラシで毛流れを整えて完成です。

 

 

長さや太さは、その時々のトレンドによって変わってきますが、
これがベーシックな眉メイク方法です。

 

更に、顔の印象をアップする方法として、

眉頭の下の部分、


この辺りを気持ち程度、少し濃く描きます。

 


(使ったのは、ケイト ラスティングデザインアイブロウW BR-1)

 

 

ぐっと眉と目の印象を大きくすることができるので、
しっかり感をだしたい時や講演時には、
眉下をちょこっとプラスしてあげていますよ。

 

昨日は、ヘアケアについての記事をアップしましたが、
ぱっと印象を変えるには、
髪と眉を変えるのがとても手っ取り早いです。

 

前髪を伸ばしたり、切ったり。
カラーを変えたり。
眉の形を整えたり。

 

 

これが印象を左右する大きな要因。
と、いうことは普段の眉メイクは、
とっても重要ですね。

自然な眉メイク、ぜひお試しください!

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ