仕事・お買い物・人間関係をもっとよりよくしたいなら?

 

元々、物理学や科学が幼い頃から好きだったので、

最近暇があれば関連書籍や、動画を見ています。

 

 

このサイトをはじめ、もう少しで約1年になりますが、

長く読んでいただいている方は

おそらくお分りかと思いますが、

かなり、理屈っぽい記事が多いと思います。

 

 

感情や、〜だと思うなどという憶測で

記事は書かないように気をつけているという事もあるのですが、

1番は論理的でないと自分が納得しないからです。

 

 

 

「肌がくすんで見えるのは肌が乾燥しているからです!」

 

だけでは、納得できないのです。

 

 

なんとなく、なら分りますが、

そういったことも論理的でないと納得できません。

 

 

論理的である事が絶対にいいからそうするべき!

とは思っていません。

ただ、生活する上でちょっと役立つこともあるのです。

 

 

おそらく、毎日の生活で皆さん少なからず

悩みや、苦しい事、改善したいことなどあると思います。

 

そういったことを解決する、役に立つものが実はあります。

 

 

否定と疑問を繰り返す

 

例えば。

 

あるお店に行った時に目に入ったワンピース。

 

すごく素敵だから欲しい!

でも、今月、お買い物しすぎだし、

こうやって一目惚れで買うと失敗することも多い。

う〜ん、でも欲しいなぁどうしよう。

 

 

この時に失敗しない方法。

 

それが、

自分で疑問を作り、答えを出し、それを否定する

という方法です。

 

 

まず、なぜ欲しいのか?

(疑問)

可愛いから。今度のお出かけの時に着たい。

(答え)

しかし同じような形のワンピースを持っている

(否定)

持っている同じような形のワンピースではだめなのか?

(疑問)

手持ちのものは、色が今の季節にあっていない。

今のトレンドはちょっと淡い色。

(答え)

今のトレンドの色のワンピースは、来季は着ないのではないか。

その場合、この価格は高すぎる。

(否定)

 

 

 

 

このように、

自分で自分に問いただし、

答えをだします。

 

 

 

そして、その答えを否定するであろう意見はあるのかを探します。

 

 

実は、多くの方がこの思考方法を無意識に行っています。

しかし、無意識で行うと、

最後の終着地点がどこだかわからず、

自分の中の結論がぼんやりしてしまいます。

 

 

この場合、たった2回しか繰り返していませんが、

「この価格は高い」という否定で終わっています。

この否定を疑問に変え、更に答えをだしていき、

自分で思う否定がでてこなくなるまで進めます。

 

 

 

 

この方法は、仕事でも使えます。

 

例えば、会社の製品を売り込む際。

その製品のいいところを並べるだけの営業マンは伸びません。

 

 

 

 

とても洗浄能力の高い洗剤を売り込む。

カレーライス専門店では、

色々なスパイスを使うので、

お皿に匂いや色が残ってしまうのが悩みです。

 

しかし、この洗剤!

色や匂いまでも嘘のように綺麗に流してくれるんです!

すごいでしょ、これはとてもいい商品です!

 

 

(いいな、と思うけど、う〜ん。)

 

 

ただ、価格は少しお高いです。

通常の洗剤よりも倍します。

しかし、お皿を新しく購入することを考えれば、

高くなく、手間もはぶけます。

 

 

 

こんな風に自社製品なのに、

高い!と言い切られると、

えっと思うかもしれませんが、

そのあとに、他の経費を考えた時の話まですると

 

 

いいな、という気持ちからから、

欲しい!使ってみようかな!

という気持ちが少しアップします。

 

 

なぜかというと、

最初に述べたように、

疑問→答え→否定

を行ったため、意見や発言に説得力がついたためですね。

 

 

いい洗剤っていうけれど、難点はないのかな?

(疑問)

通常の洗剤よりも価格が倍もする。

(答え)

毎日使うのに、価格が倍もする洗剤は使えない。

(否定)

その倍の価格のものを使うと他にかかる経費は減るのか?

(疑問)

お皿につく匂いや色がなくなるので皿持ちがよくなる。

(答え)

 

 

 

これも、たった2回くらいの繰り返しなので、

まだまだですが、それでも、

なにもしないよりは意見が深まりましたね。

 

 

 

 

お買い物や、仕事、人間関係などなど・・・

 

この方法はどんな時にでも使えます。

 

 

先ほど、無意識に行っていることと言いましたが、

これを意識的に行う癖をつけます。

 

できれば、紙に書くとより、

具体的に頭が理解でき働きます。

 

 

なんとなく、無意識に行うのは、

もったいないのです。

ここまで読まれ、

そんなのいつもやっているよ!

と思われたかもしれませんが、

なんとなく行っているのと

「疑問・答え・否定」

を意識して、行うのとでは全く違います。

 

 

わたしは、1つの疑問に対して

10回くらいは否定を考えることが多いです。

 

自分で出した答えを否定するので、

なかなか難しくなっていくこともありますが、

最終的には自分でも納得する答えがでます。

 

 

そして、自分が納得しているので、

周囲の人に伝える時も

説得力が増しますし、

相手にも納得してもらいやすいのです。

 

 

毎日の生活で、悩みや、苦しい事、改善したいこと、

そういったことに直面したり、

「自分の意見を出す」

という事を行う際、

ぜひ、この方法を活用してみてくださいね。

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

美肌コース講座 次回開催をお待ち下さい

ヘアアレンジ講座 5/25募集開始

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ