ゴム2本でふんわりまとめ髪をしちゃいましょう

 

昨日Instagramに投稿した

3分ヘアアレンジのお写真。

 

ファイル 2016-05-25 16 59 43

 

詳細を教えてください!

とコメントをいただいたので、プロセスをまとめました。

 

 

沖縄は、すでに梅雨入りしていて、

これから日本全国、どんどん雨の日、湿度が高い日が増えてきます。

雨が降らない日は暑つくジメジメ。

 

 

夏に、アップヘアをマスターしていると

とても役立ちますよ。

 

 

今回の写真のアレンジは、

・ゴム2本

・バレッタ1つ

でできています。

バレッタは、ピンにしても大丈夫です。

 

 

では、アレンジの詳細をご説明していきます。

 

 

3分でできる簡単アップヘア

 

まず、ベースはこのような感じです。

CIMG4012のコピー

このアレンジは、髪を巻かなくてもできますが、

できれば巻いたほうがいいです。

ふんわり感や、アレンジのしやすさが変わってきます。

 

 

つぎに、髪を2本に結びます。

 

CIMG4013 CIMG4014

 

 

髪を全て後ろにやり、

髪の表面部分で1本、

残った部分で1本、

(2枚目の写真でみるとわかりやすいかもしれません)

といった感じに結びます。

 

 

CIMG4015

 

結んだ毛束の上のものの真ん中から写真のように手を入れます。

 

 

CIMG4016

 

そして下の毛束を上に引っこ抜いて下さい。

 

 

そうすると、いままで下にあった毛束が上にきますよね。

また、その毛束の中心から、下の毛束を上に引っこ抜く。

これをあとは、5〜6回、繰り返します。

 

 

「上にある毛束の真ん中から、下の毛束を引っこ抜く」

ということです。

 

CIMG4018

5、6回繰り返したものです。

 

最初にゴムを結ぶ位置をもう少し下にして、

この動作をもっと繰り返してもいいですが

あまり下で結びすぎると途中でゴムがするっと抜けてしまったりするので

その点は注意してくださいね。

 

CIMG4019

 

アップでみるとこんな感じです。

三つ編みをしたようになっています。

 

 

ここまでできたら、もう完成に近いですよ!

 

CIMG4020

毛先から、

くるくるくると頭に向かって髪をころがしていきましょう。

 

そして、頭の部分まできたら、

くるくるまとめた部分と頭の部分をバレッタでとめる。

 

この時、ヘアピンでとめてももちろんOKですし、

崩れるかも・・・と心配な方も、ピンを何本かとめてもOKです。

 

 

ファイル 2016-05-25 16 59 43

 

完成です!

 

すこし、まとめた部分をほぐしてあげると

ふんわり感が増します。

 

 

 

このアレンジは、

しっかりゴムで2本むすんで

まとめたところをバレッタでとめているので

かなり崩れにくいです!

 

 

髪を三つ編みにしてまとめると

どうしても崩れてしまう、

まとめ髪が苦手、という方にオススメです。

 

 

 

プロセスといっても、

かなり簡単ですよね。

 

3分でぱぱっとできてしまうわりに、

サイドのボリュームや崩れにくさは合格点をあげたいほどの出来栄えです。

 

 

また、お仕事などで髪をまとめたくても

派手にできないということもありますよね。

 

下の位置でまとめると

かなり上品にまとまるので試してくださいね。

 

 

 

ヘアアレンジの練習はいつするべき?

 

ヘアアレンジはかなりブログに載せているのですが、

みなさん、練習はしていますか?

 

 

プロセスがわかれば、大体だれでもできます。

しかしきっと、1回目はなんとか形になるな、という感じ。

 

それは当たり前ですよね!

 

なんとか形になってきたら、2、3回また同じアレンジをしてみてください。

かなり完成度が違ってきます。

 

 

そういった練習は、入浴前に行うのがいいと思います。

 

これからどこかお出かけしよう、という前に練習していては、

ヘアアレンジが決まらなかった時、

かなり気持ちが下がってしまいませんか?

 

入浴前なら失敗しても誰かにみられる訳でもありません。

 

うまくいったら、写真を撮って記録しておくのもいいと思います。

 

 

毎晩、10分でも入浴前に練習したら、1ヶ月後には

どれだけレパートリーが増えているか考えると

わくわくしますね。

 

 

また、6月もヘアアレンジ講座は開講します。

やはりブログでの写真と言葉だけでは、

伝えきれないことがでてきてしまいます。

 

自分でできるようになりたい!といった気持ちのある方のご参加をお待ちしておりますね。