私のよくしている隠したい場所は隠してナチュラル肌に見えるベースメイク方法!

秋冬のメイクは、

こってりとした落ち着いた色をメイクに取り入れることが多いですよね。

 

そこで、お肌までしっかり作り込んでしまうと

重たい印象のメイクになってしまうことも。

 

かといって、コンシーラーでニキビ跡やシミを隠すと

乾燥してコンシーラー部分だけがとても目立ってしまうなんてことも。

 

そこで今日は、

わたしが普段取り入れている

隠したい場所をうまく隠しながらナチュラルなベースメイクを作る方法をご紹介致します。

 

 

 

下地までで8割!

ファンデーション選びも大切ですが、

ナチュラルなメイクで重たくならないようにするには

下地までの段階がとても大切です。

 

 

朝のスキンケアの段階からメイクは始まっています。

夜の間にでた皮脂などで肌の乾燥が気にならない場合もあるかもしれません。

また、あまりにも乾燥してガサガサかもしれません。

が、どちらにせよ肌の水分が不足していると、

くすんで見える大きな原因になるので、

朝の保湿ケアはとても重要です。

 

 

時短ケアということで、

シート状の洗顔+保湿までOK!というアイテムもありますが、

逆に肌乾燥を招くことがあるのでこういったものもオススメできません。

 

 

オススメの保湿方法は、

・テクスチャーが水に近い化粧水を重ねづけ

・セラミドなどの保湿成分配合のクリームを薄く顔に伸ばす

といった方法がオススメです。

 

どろっとした感じや、粘り気がある化粧水を朝に使うと

メイク崩れの原因になることもあります。

また、クリームをたっぷり塗るのも同じくメイク崩れの原因になることがあります。

 

 

その後に化粧下地を使います。

ファンデーションで肌悩みを解決しようと、

厚く塗ってしまったりしてしまいがちですが、

肌悩みは化粧下地で8割は解決してしまいましょう。

 

 

まず、今の季節でもUVカット効果があるものを選ぶようにしましょう。

冬でも、紫外線はでていますよ。

 

肌悩みが全体的にある

(ニキビや吹き出物などスポットであるのではなく毛穴や肌のアラなど)

場合は、下地にカバー力があるものを選びます。

 

よく、

「BBクリームとカバー力の高い下地はどっちがいい?」とご質問をいただきます。

これも、商品によるのですが、

よくあるBBクリームとカバー力のある下地で比較してみると

cimg1931

(左がBBクリームで右が下地)

BBクリームの方がテクスチャーが固い感じのものが多いですね。

BBクリームのカテゴリーに分けるのもメーカーの自由なので

BBクリームは下地とファンデージョンの間くらいと思っていいと思います。

 

よって、肌悩みの具合で、

下地にどれくらいのカバー力を求めるかを決めた方がいいですね。

 

また、下地選びでナチュラル加減は変わってきます。

よりナチュラル感を得たいのであれば

やはり色があまり付いていないものが好ましいですね。

 

 

 

 

隠したいところにファンデーションを!

 

かといっても、下地のみで隠せないものもありますね。

そんな時にファンデーションをうまく利用します。

 

今の季節は、乾燥がひどいのでコンシーラーを使うと

その部分のみ乾燥が激しく逆に目立ってしまうことがあるので

コンシーラーを普段使っているファンデーションで代用します。

 

このとき、パウダーファンデーションでは上手く活用できないので

リキッドファンデーションを使用します。

 

cimg1929

手にこのようにとって、

肌のきになる部分に点でおいていきます。

 

ファンデーションを顔全体に塗ると、

のっぺりして、ナチュラル感が損なわれるので

下地でカバーができている部分には乗せないでOKです。

 

そして、ニキビ跡などのポイントできになる部分に

同じファンデーションを乗せてなじませます。

同じものを使うので、目立たずに使うことができます。

 

ただ、テクスチャーがやはり軽いので

濃い跡などは隠すことができないかと思います。

その場合、いつもよりも薄めにコンシーラーを塗ってあげるといいですよ。

 

このように、

まずは、スキンケアで保湿をしっかりし、

メイクノリをよくし、メイク崩れしないようにする。

そして、肌全体のカバーは下地で行い、

隠したい部分にファンデーションを乗せ、

ニキビ跡やシミなど濃い部分でまだ目立つ場合は、

コンシーラーをいつもより薄く塗る。

 

この方法だと、

隠したい部分をきちんと隠せ、

全体的に重たい印象にならずにすみます。

 

私は、季節問わず、この方法でメイクをしています。

肌の状態がいい時は、下地にフェイパウダーのみ。

気になる部分がある時は、ファンデーションをコンシーラ代わりにし、

それでも隠せない場合は、少し固めのコンシーラを薄くのばして使う。

 

なんだか、メイク全体が重たいかも?

と感じた時は、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

 

________________________

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-12-16-50-36

最近、twitterでその時の取り入れている美容法や、

日常生活のちょっとしたことなどを呟いています!

ブログ更新のお知らせもしているので

ぜひ@tamakitsuneokaをフォローしてください♪

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ