弱酸性は肌にやさしい?石けんがいいに決まってる?

 

顔を何で洗おう!

 

洗顔料?石けん?

チューブに入っているものがいいの?

固形だから石けんだよね?

弱酸性ってなに?

界面活性剤は悪だよね?

天然由来だから肌にやさいいよね?

 

 

も〜、こんな疑問たくさんでてくると思います。

本が何冊もかける内容です。

 

 

ただ、洗顔はスキンケアでもとても重要。

 

 

よってきちんと知るべきですし、

インターネットのどこの情報?誰が書いてるの?

といった、よくわからない記事1つを

簡単に参考にすべきではありません。

 

 

 

試しに、

「洗顔料 石けん 違い」

とGoogle検索をすると、石けんが肌にやさしい!

とかなり偏った情報が書かれているサイトが1番始めにきます。

 

 

まず、

すべての人が石けんが合うわけではないですし、

すべての人が洗顔フォームが合うわけではありません。

 

 

肌状況などによって、なにを使うかを自ら選択する必要があります。

 

 

洗顔について書くとボリュームがありすぎるので、

今日は、よく洗顔料、石けんの話題の時に耳にする

「弱酸性」「弱アルカリ性」について書かせていただきます。

 

 

 

弱酸性がいいの?石けんは?

 

「弱酸性だから肌に優しい!」

とCMなどで一時期、耳にしましたね。

 

 

なぜ、そういわれるのかというと、

人の肌は弱酸性で保たれているため、

同じ弱酸性のもので洗うと刺激が少ないからといった理由です。

 

 

しかし、石けんは弱アルカリ性です。

 

 

私は、オーガニックだからいいとか、

自然だから、やさしい!という考えが嫌いなのです。

そもそも、自然界の植物、人が触れると肌がかぶれたりと、

毒性があるもの、たくさんあるんですよ・・・・。

 

 

私が、嫌いなのはいいとして、

石けんが肌に優しい!と言う方は、

大体がこの、

「合成界面活性剤を使っていないから!

天然成分だから!」

といった意見です。

 

 

100%間違いではないですが、

それだけで石けんがいいと言い切るのは危なすぎます。

 

 

そこで今日はまず、

弱酸性と弱アルカリ性という

よく耳にする言葉から

洗顔フォーム、石けんを理解してもらいたいと思います。

 

cimg0652

 

中学生の時の理科の授業で

「酸性・中性・アルカリ性」

について学びましたよね。

 

 

少し上に書いたように、

肌は弱酸性に保たれているので、

その上に乗せるものが

弱酸性であれば、刺激は少なくなります。

 

弱アルカリ性であれば、肌の上にある角質や皮脂などを

洗い流す力は強く、場合によっては刺激も考えられます。

 

 

 

 

 

 

じゃあ、弱酸性のほうがいいじゃん!

 

 

いえいえ、

簡単にそうも決めることはできません。

 

 

結局はどっちがいいの?

 

 

この、弱酸性で洗うのがいい!

弱アルカリ性で洗うのがいい!

というのは、人によって意見が様々です。

 

 

 

弱酸性で洗うのがいいと言う方は、

・肌と同じ弱酸性で洗う方が刺激が少ない

・皮脂を洗い流しすぎないで済む

 

 

弱アルカリ性で洗うのがいいと言う方は、

・弱酸性で肌を洗うと、肌がなまる

・皮脂をきちんと洗い流すことでニキビ予防になる

 

 

など、意見が分かれます。

 

 

ただ、この弱酸性や弱アルカリ性だけでの判断では

洗顔方法を選ぶことはできません。

 

 

あくまで、選ぶ基準の1つです。

 

 

先に述べたように、

洗顔料で使っている界面活性剤の種類によって、

肌に刺激があるものもあれば、

肌刺激が少ないものもあります。

 

 

石けんも、原料によって

肌刺激が少ないものもあります。

 

 

 

そして、アイテム選びができたら、

使い方にも気を使う必要がありますよね。

 

 

どんなに肌に刺激が少なく、

自分にあった洗浄力のものでも、

ゴシゴシ肌に摩擦をかけないとつかえないようなものなら

逆効果ですよね。

 

 

このように、洗顔選びは色々な側面から

アイテムをみて、選ぶ必要があります。

 

難しいですよね。

 

 

ただ、弱酸性、弱アルカリ性について1つ知れば、

アイテム選びの参考になるでしょう。

 

 

 

 

例えば、ニキビ肌でお悩みの方は、

殺菌作用のあるアイテムをよく使われますが、

使っている最中はよくても、

肌は慢性的に乾燥し、使用をやめたらまたニキビがひどくなる、

の繰り返しかと思います。

 

もし、皮脂の分泌がストレスや、食生活などで過剰になっているなら、

弱アルカリ性のアイテムを使用して

角質や皮脂などをしっかり洗い流してあげることも、

方法の1つですよね。

 

 

 

 

 

 

スキンケアは奥が深い!

でも、1つ、1つ知っていくと

どんどん自分の知識がつながりますね。

 

自分の肌は自分が1番よく知っています。

肌荒れの原因も、おそらく皆さん考えれば、

これかも?と思いつくことでしょう。

 

そんな今の肌状況に合ったアイテムは

自分で選んであげることができれば、

1番のいい方法。

 

 

誰かがいいと言っているものが、

すべての人にいいわけではないのです。

 

 

 

自分の今使っているものはどうなんだろう?

という所からチェックしてみてくださいね。

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ