角栓や黒ずみ対策にもいい!ライスブランオイル

 

毎週水曜日に更新されているBeautyコンテンツ

 

今週は、角栓や毛穴の黒ずみ対策になぜライスブランオイルがいいのか?

また、ライスブランオイルの魅力について更新されました!

 

 

美容オイルとしても使用されるライスブランオイル

ライスブランオイルは、オイル特有のベタつき感が少なく、サラサラしているのが特徴です。
その他、肌にとって嬉しい変化が期待できるため、美容オイルとしてもよく使用されています。

PARTIEのリッチモイストクレンジングオイルはそんなライスブランオイルをメインオイルとしたアイテムになっています。
オイルクレンジングの良し悪しは、メインのオイルが鍵を握っています。

 

今回は、ライスブランオイルについて詳しくご紹介致します。

 

 

高い抗酸化力

1つ目はなんといっても高い抗酸化力があるオイルだということです。
腐ってしまうオイルも多い中、ライスブランオイル自体がしっかり高い抗酸化力を持っているので安心してスキンケアアイテムとして使用できます。

なぜ、高い抗酸化力があるのかというと「トコフェロール」と「トコトリエノール」がライスブランオイルには含まれているからです。

 

 

“若返りのビタミン”とも言われているトコフェロール 、トコトリエノールが豊富に含まれているライスブランオイルは、老化の原因となる活性酸素を除去するだけでなく、肌表面の角栓や黒ずみなどを抑えてくれる働きもあります。

毛穴悩みは特にクレンジングや洗顔によってのケアで変化がでてくる肌悩みでもあるので、毎日使うクレンジングアイテムこそ、このような働きのある成分がメインに配合されているのは嬉しいですね。

 

 

 

γ-オリザノール

γ-オリザノールはポリフェノールの一種です。こちらも、ライスブランオイルに含まれている成分です。

肌の乾燥や荒れを防ぐような作用があります。

 

 

 

オイルの組成

オイルにはそれぞれ特徴があります。
オイルには遊離脂肪酸というものが含まれていて、その組成を見ても大きな特徴があることがわかります。

 

パルミチン酸やステアリン酸は、飽和脂肪酸と呼ばれ、酸化しにくい性質があります。
オレイン酸やリノール酸は、不飽和脂肪酸と呼ばています。

一般的に不飽和脂肪酸は酸化しやすい性質があります。オレイン酸は不飽和脂肪酸の中では酸化はしにくいですが、飽和脂肪酸と比べるとやはり酸化はしやすいでしょう。

 

 

これら、脂肪酸が酸化をすると過酸化脂質となりニキビの原因になることがあります。よって、酸化しやすいオイルを使用してニキビが増えてしまうということもあります。

 

 

つづきはこちらから

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>美肌コース講座

2018/5/20・6/17

受講申し込み受付開始

正しい肌知識を得て、肌に優しいスキンケア方法に変更し、美肌を手に入れましょう♡

 

>>ヘアアレンジセミナー

2018/6/10

毎日のヘアアレンジをマスターしよう!アレンジ前の巻き髪・ピン留め・基本アレンジetc...♡

 

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいた基礎化粧品!愛用スキンケアアイテムです♡

 

>>オンラインビューティーブック

ご自宅にいながらご覧いただけるビューティーブック!セルフ美容を行うポイントなど…♡

 

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

 

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ

  

 

美肌コース講座を受講生のご感想の一部をご紹介致します♡

(クリックすると画像が大きくなります)