CANMAKEシャドウでシンプルなのにがっつり目は大きく!

 

シンプルに仕上がっているのに、目はぐっと大きく見せたい!
そんな時は、ブラウン、ベージュ系アイシャドウに頼ります。

 

奥行きを感じる目元に仕上げるのが目標です。

 

 

今回はCANMAKEのアイシャドウを使ってシンプルなのにがっつり目を大きく見せるメイクをしていきたいと思います。

 

 

CANMAKE3カラーでつくるアイメイク

 

今回使うアイシャドウはこちらです。

 

CANMAKE シークレットカラーアイズ03

1つ650円です。

 

3色入りで、1番左のカラーはほんの少しパール感があります。あとの2カラーはマットです。

 

 

(のせた部分わかりやすいよう、が左からA,B,Cとしました。)

 

1番左のカラーは腕にのせても発色はほぼなく質感がプラスされる感じです。

 

 

アイシャドウを購入する時に店頭でチェックしているのは、粉質、ラメ飛びしなさそうか、そして発色です。
色持ち部分に関しては、店頭で確認するのは難しいので、この3点をチェックするようにしています。

 

粉質はしっとりめ。今回はラメは入っていませんがこな飛びもしなさそう。
発色はほどほどよい。濃いカラーの色ののり方なども、しっかりすぎず良さそうと思い購入しました。

 

 

では、早速メイクをしていきたいと思います。

 

まず、アイシャドウベースを塗ります。(画像はベースをちょこんっとのせたもの。これを塗り広げます。)

今回は、無色でラメもパールも入っていないものを塗りました。
発色をよくする為、時間がたっても綺麗な状態をキープするために塗ります。

 

 

 

最初に塗るのは真ん中のカラーです。

 

 

しっかり、がっつりのせます。

こんなに濃くのせて平気?と思われるかもしれませんが、大丈夫です。
あとからぼかして馴染ませますよ。

奥行き感を出すために目尻にいくにつれて幅広めにのせました。

 

 

目を開けた時はこんな状態になっています。

 

 

次に、右側のカラーをのせます。

 

 

アイホール全体にのせるイメージです。最初にのせたアイシャドウにもかぶせます。

いい具合に馴染みました。

 

 

次に、1番左のカラーを目頭側から目の中央あたりまで重ねます。

 

 

ほんのちょっとの違いですが、こうすることで目に丸みを感じるようになります。

 

 

次に下まぶたです。

真ん中のカラーを黒目下あたりから目尻にかけてのせます。

この時、1番最初に上瞼のせた同じ色のアイシャドウとつなげ、目尻部分で「く」を描いたような形にのせます。

 

 

そして、左のカラーを下瞼全体と目頭にのせます。

 

 

 

アイラインはジェルライナーで全体を、目尻のみリキッドで細く少し伸ばしました。

マスカラを塗り完成です。使ったマスカラはNARSのクライマックスマスカラです。

 

 

今回使ったアイシャドウ、CANMAKEのアイシャドウの中でも特に気に入りました。
シンプルな分、使い勝手がとてもいいですね。

また、色を重ねた時の馴染みの良さ、ぼかしやすさなども好きです。
ぼかす時に広がりすぎて、濃くなってしまうようなこともなかったです。
また、比較的マットな仕上がりになるのでもう少しツヤ足ししたい場合は、上からパール感やラメ感があるアイシャドウを軽く重ねてもいいでしょう。

 

 

プチプラですが、とても優秀なアイシャドウでした。
濃いカラーのぼかしやすさ、馴染ませやすさから、陰影作りも簡単にできるアイシャドウだと思います。

 

奥行きを感じる目元に仕上げたい時、ぜひお試しください。

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ