新年度はお酒を飲む機会が多くなる、選ぶべきお酒は??

 

3月も残すところ、今日と明日のみ。

4月からは、日本の会社は新年度!ということや、

新入社員が入ってきたり、

今週末はお花見で、

と、なにかとお酒をいただく機会が多くなるかと思います。

 

 

ただ、女性にとっては、お酒と食事をする場は

カロリーも気になるところですよね。

せっかくの楽しいお酒の席なのに、そんなことを気にして

美味しいお酒や食事を控えたりなんていうことは

自分も嫌ですし、周囲から見てもあまり良い気持ちは抱きませんよね。

 

 

お酒について少し知っていれば、

そんな事にならなくても済むかと思います。

 

 

どんなお酒を選ぶといいのか?

そもそもカロリーって?

 

 

 

お酒のカロリー=アルコール度数+含まれる糖質など

 

お酒には大きく分けると2つの種類があります。

 

・蒸留酒

焼酎・ウイスキー・ブランデー・ウォッカなど

純粋なアルコールを水でうすめたもの

 

・醸造酒

ビール・日本酒・ワイン

純粋なアルコールと糖質などが含まれたもの

 

 

です。

 

 

ダイエットに向いていると言われているのは、

蒸留酒ですよね。

アルコールを水で薄めているので糖質などを気にする事なく

飲むことができる為です。

 

とはいっても、蒸留酒が苦手!という女性は多いです。

そうなると、醸造酒の中で選ぶことになります。

 

 

わたしのオススメは「ワイン」です。

 

理由は、ビールや日本酒に比べると炭水化物の含有量が少ないので、

アルコール部分以外のカロリーが低くなる為です。

 

 

例えば、100g当たりでみてみると

ビール 3.1g

日本酒 4.9g

ワイン 1.5g

 

こんなにも違うんですよ〜。

 

 

そして重要なのは、ここから。

アルコールのカロリーについてです。

 

 

 

アルコールのカロリーというのは、

1gあたり7kcalです。

 

よって、

アルコール度数が高い→カロリーが高い 

ということになるのですが、アルコールの場合は、

アルコール度数が高い→カロリーが高い→太る

という認識は間違っています。

 

 

なぜか、アルコールのカロリーは

エンプティカロリーと言われているものの為です。

 

エンプティカロリー、すなわち空っぽのカロリーです。

栄養素はないが、カロリーはありますよ、ということなんですね。

 

アルコールで摂取したカロリーは、

体内に蓄積されずに熱として放出されます。

 

詳しくいうと、アルコールで摂取したカロリーを先に消費して、

それ以外で摂取したカロリーは後に消費するということ。

 

 

よって、アルコールのカロリーは、そこまで気にしなくていということです。

気にすべきは、一緒に含まれている糖質などです。

 

 

わたしは上記のことから、

お酒をいただくならワインを選ぶことが多いです。

 

またワインは、抗酸化物質であるポリフェノールも含まれていることで有名ですよね。

 

 

 

炭水化物の含有量も他の醸造酒より少なく、

ポリフェノールも多く含まれているので美容にもいい!

ということで、最近だと、

moet

モエ・エ・シャンドンのロゼをいただきました。

(桜の時期だからでしょうか?パッケージがとても可愛いですよね)

 

 

シャンパンだから、カロリーが高そう???

シャンパンは赤や白と比べると、アルコール度数が高い為です。

さらに発泡性があるので、食事を思った以上にいただいてしまう心配がありません。笑

 

 

 

ちなみに!ワインにはたくさんの種類がありますが、

シャンパンというのは、スパークリングワインの一種です。

 

シャンペーニュという地域で作られたスパークリングワインのことを、

シャンパンとよんでいます。

 

 

 

せっかくのお酒、美味しくいただきたいですよね。

少し知っているだけで賢く、お酒を選ぶことができます。

少し頭の片隅に置いておきましょう。

 

楽しい、お花見シーズンをお過ごしくださいね。

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ