印象ダウンな”くま” どのタイプかを理解しましょう

どんなに綺麗な人でも、

目の下にくまがくっきりあったら、

老けた印象、疲れた印象などを持ってしまいますよね。

そんなマイナスイメージを持たれるのは避けたいですが、

どうにも、こうにもなくなってくれない。

 

自分のくまのタイプを理解することでケア方法も見えてきます。

まずは、どのタイプのくまなのか?

それをはっきりさせましょう。

 

 

 

くまのタイプ

大きくわけて、3つに分けることができます。

 

青くま

目のしたの血液が皮膚を通して青黒く見えてしまっている状態です。

血流の流れが滞ることで起こってしまいます。

 

このタイプは、寝不足や、冷えなど生活スタイルが原因でなってしまうことが多いです。

また、今日はくまがめだたない!昨日はすごかったのにな・・・

というように、日によって違いがあるのであれば、

このタイプにあてはまるでしょう。

 

改善方法としては、

目の周りのマッサージ、体を冷やさないようにする、

きちんと睡眠をとることなどが有効です。

 

 

黒くま

年齢とともに、目の下の皮膚が薄くなってしまい、

コラーゲンが減ってしまい、目の下にヘルニアを起こしてしまうことでなってしまいます。

 

上を向くと、くまが和らぐ、そういった方はこの黒くまタイプである可能性があります。

 

改善方法は、コラーゲンを生成することや、むくみ改善などでくま対策ができますが、

化粧品では限界があるのでヒアルロン注射などが有効といわれています。

 

 

茶くま

主に色素沈着が原因です。

目をこすってしまったり、化粧をうまく落とせていない状態がつづくなどすると

起こってしまいます。

 

ひっぱっても、上を向いても特に改善はしません。

 

 

改善方法としては、美白ケアが有効です。

また、アイメイクを落とす際、

しっかりメイクだとごしごしして落としてしまいがちですが、

こすらず、やさしくメイクを落としてあげることを心がけましょう。

 

 

 

くまは、年齢を重ねること、

また生活習慣で起こってしまいます。

 

毎日の化粧落としや

睡眠、体を冷やさないなど

日々できることはしてあげるようにしましょうね。

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>SelfBeauty Lesson

-美の3大要素をパーフェクトに!-

2018/7/22

印象をつくる3大要素。それは、ヘア、眉(目元)、口元。

この3大要素をしっかりマスターして美を手に入れましょう!

 

>>美肌コース講座

2018/5/20・6/17

正しい肌知識を得て、肌に優しいスキンケア方法に変更し、美肌を手に入れましょう♡

 

>>ヘアアレンジセミナー

6/10

8/5

毎日のヘアアレンジをマスターしよう!アレンジ前の巻き髪・ピン留め・基本アレンジetc...♡

 

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいた基礎化粧品!愛用スキンケアアイテムです♡

 

>>オンラインビューティーブック

ご自宅にいながらご覧いただけるビューティーブック!セルフ美容を行うポイントなど…♡

 

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

 

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ

  

 

美肌コース講座を受講生のご感想の一部をご紹介致します♡

(クリックすると画像が大きくなります)