ぐっと毛穴が目立つ時期。毛穴を意識してスキンケアを!

 

湿度、気温が高く、紫外線量も増える6月は肌トラブルが多くなってくる時期。
そのうちの1つが、毛穴目立ち。

いままでと同じメイクをしているのに、なぜか目立ってしまう毛穴。
特に乾燥も感じていない気がするのに、スキンケアがいけないのかな?それともファンデーション?

 

この時期は毛穴悩みを意識してスキンケアをしてみましょう!

 

 

6月に肌トラブルが多くなるのはなぜ?

 

湿度や気温、紫外線量の変化がある時期が6月。

 

肌にとってはいままでとは環境が変わることで、肌表面の水分量や皮脂量が変化します。

夏になるにつれて、皮脂の分泌量は多くなるのでメイクと混ざりあうことで酸化し、ニキビなどの原因となります。

 

また、メイク汚れがきちんと落とせていない為に毛穴付近の汚れが酸化して黒ずんで見えたり、古い角層がたまりゴワゴワした肌に感じる場合も。

 

こうなると、皮脂はでているのに実は古い角質が邪魔をして肌に潤いをキープできずに乾燥を招いてしまうかもしれません。

 

肌が乾燥するとちょっとしたことで刺激に感じ、吹き出物やシミ、シワなどの肌悩みが引き起こっていまします。

 

このようなことから、6月は肌トラブルを感じやすく、また皮脂分泌量も増えることでメイク崩れも起きやすくより毛穴目立ちもひどくなってしまうという訳です。

 

では、どのようにトラブルを防げばいいのでしょう?

 

肌トラブルを引き起こさない為には

この時期の肌トラブルを事前に防ぐには、皮脂分泌量が多くなること時期こそしっかりとクレンジング、洗顔を行うことが大切です。
しかし、時間をかけたり、ただ肌に刺激が少なく著しく洗浄力の低いものや、逆に過度に洗浄力が高いもを使えばいいというわけではありません。

 

できるだけ摩擦刺激がかからないようなテクスチャーで、素早くメイクを落とすことができ、ツッパリ感の少ないアイテムを選びましょう。

 

そして、保湿対策。

皮脂がでていて、肌表面がテカテカしていても、実は肌内部は乾燥しているかもしれません。

 

この時期は、汗をかくので乳液やクリームなどべとつき感が強いものは使用したくないと思われる事もあるかと思います。

保湿力はべとつき感とは比例しません。

塗って時間が経過しても肌がしっとりしているようなアイテムを選びましょう。

 

翌朝の肌状態をチェックし、過度に皮脂がでていたり、逆につっぱっていたりと感じたらもう少し保湿成分などがメイン配合されたアイテムを使用するといいですね。

 

夏に向けて毛穴目立ちの少ない肌づくりをしましょう。

 

Beautyコンテンツはこちらから

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>SelfBeauty Lesson

-美の3大要素をパーフェクトに!-

2018/7/22

印象をつくる3大要素。それは、ヘア、眉(目元)、口元。

この3大要素をしっかりマスターして美を手に入れましょう!

 

>>美肌コース講座

2018/5/20・6/17

正しい肌知識を得て、肌に優しいスキンケア方法に変更し、美肌を手に入れましょう♡

 

>>ヘアアレンジセミナー

6/10

8/5

毎日のヘアアレンジをマスターしよう!アレンジ前の巻き髪・ピン留め・基本アレンジetc...♡

 

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいた基礎化粧品!愛用スキンケアアイテムです♡

 

>>オンラインビューティーブック

ご自宅にいながらご覧いただけるビューティーブック!セルフ美容を行うポイントなど…♡

 

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

 

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ

  

 

美肌コース講座を受講生のご感想の一部をご紹介致します♡

(クリックすると画像が大きくなります)