時短メイク!2カラーでピンクツヤメイク

 

忙しい朝、メイクに時間をかけることができないこともありますよね。

 

じっくり色々なアイシャドウを丁寧に重ねている暇はない…。
でも、しっかり綺麗に仕上げたい。

 

 

そんな時に役立つメイクアイテムと、そちらを使用したツヤメイク方法をご紹介致します。

 

2色の重ね方!締め色を濃く、太く

今回使うのは、

MiMC  ビオモイスチュアアイシャドー 15

 

先日の「濡れツヤをつくるアイシャドウ!上品ツヤアイメイクが簡単に手に入る」という記事で、ツヤアイシャドウをご紹介しましたが、こちらも左側のピンクカラーのアイシャドウが綺麗なツヤを出すことができるものです。

 

これから春に向けて少し明るいカラーを使いたいという時にも合わせやすいカラーです。

 

手に塗るとこのような感じ。
ピンクの発色も指でのせるとしっかりでます。

 

 

今回は、こちらのパレットの2色を使ってメイクをしようと思います。
ぱぱっと重ねるだけなのですが、まずは締め色のブラウンからのせていきます。
うまい具合にグラデーションができて、時短なのにしっかり上品に仕上がります。

 

では、早速メイクプロセスです。

最初に右側のブラウンカラーを使います。こちらは、ツヤ感はなくマットな仕上がりになります。

 

目のキワに、しっかり濃く、そして締め色にしては太くのせていきます。
こんなに太くのせて大丈夫なのかなとこの時点では思いますが、あとで綺麗にぼかすことができるので大丈夫です。

 

目尻側もしっかり伸ばします。

 

 


下瞼1/3のキワにも同じ色をのせました。
こちらはそんなに太くはのせません。

 

 


次に、左のピンクカラーを使います。

 

まずは、先ほどブラウンカラーをのせた部分にしっかり重ねます。
上にだんだんとぼかすようにブラシを動かします。

 

 

ツヤもしっかりあります。

 

 

下瞼にも同じピンクカラーを。

 

アイラインは、お好みで。
ささっとマスカラを塗って終了。

 

 

 

ただ重ねただけなのですが、最初に締め色を少し太めに入れて、後からメインカラーでぼかすと、時間も短縮でき、自然なグラデーションをつくることができます。

 

 

単色アイシャドウ1色を目のキワに向かって濃くなるように重ねるメイクも、時短メイクになります。
ただ、今回使った様な明るいピンクのようなカラー1色を濃くなる様に重ねても、目に明るさはプラスされますが少し物足りない印象になってしまうことがあります。

 

そういったときは、締め色→メインカラーの順で重ねてみてください。

 

今回のメイクはInstagramに動画をアップしました。

 

 

 

こちらも、ぜひご覧ください。

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>美肌コース講座

2018/5/20・6/17

受講申し込み受付開始

正しい肌知識を得て、肌に優しいスキンケア方法に変更し、美肌を手に入れましょう♡

 

>>ヘアアレンジセミナー

2018/6/10

毎日のヘアアレンジをマスターしよう!アレンジ前の巻き髪・ピン留め・基本アレンジetc...♡

 

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいた基礎化粧品!愛用スキンケアアイテムです♡

 

>>オンラインビューティーブック

ご自宅にいながらご覧いただけるビューティーブック!セルフ美容を行うポイントなど…♡

 

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

 

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ

  

 

美肌コース講座を受講生のご感想の一部をご紹介致します♡

(クリックすると画像が大きくなります)