生まれ変わりのよい肌になって自分で美肌をキープ!

 

 

肌の生まれ変わりサイクルが正常に行われることは、美肌でいる為には必須です。
また、ただどんどん生まれ変わるのではなく、健やかな肌を保つために必要なものを自ら作り出せるような肌が理想だと私は思います。

 

肌の生まれ変わりサイクルを正常にし、セラミドなど肌に重要な成分を自らきちんと作り出すような状態にするには、内側、外側からそれを阻害するような行動はなるべく避けたほうがいいでしょう。

 

栄養バランスの偏りだったり、水分不足(過度な摂取)だったり、お酒を必要以上に飲んだり。
スキンケアアイテムを色々と使い必要以上にケアをしたり、汚れを落とさない、もしくは落としすぎたり。

毎日のちょっとした肌に与える刺激も積み重なれば大きなものとなります。

 

「気をつけることはもちろんなのですが、生まれ変わりがよい肌にするために、自らきちんと機能してくれる為には何をすればいいですか?」とよくご質問をいただきます。

 

 

できることは沢山ありますし、正解は1つではありません。
自分の生活スタイルや肌状態に合わせて何をすべきかは考えるべきでしょう。

 

 

今回は、私の場合は何をしいているのか?ということをポイントにしてご紹介したいと思います。

 

 

 

美肌をキープするのは難しくない

 

まずは、内側から行なっていることをご紹介します。

 

 

 

腸内環境を整えるのは絶対必須

 

体にいいというものなど、色々と試したりしてきましたが、自分に合っていて続けているのは、

・納豆1パック
・はちみつレモン

の2つです。
これは、毎日続けて摂取しています。

 

ヨーグルトを食べ続けていたこともありましたが、私は納豆の方が自分の生活に取り入れやすかったです。自分が続けやすいものを選ぶのがいいかと思います。

 

 

納豆を食べている目的は、乳酸菌を摂取するということと、植物性タンパク質を摂取するということです。
腸内環境の状態は、まさに肌にそのまま現れるといっても大袈裟ではありません。
腸内を綺麗にすることが、美肌への近道です。

 

 

美肌コース講座でも、お顔を拝見させていただき、少しお話しを聞くと、どんなことが原因で肌荒れしているのかが見えてきます。やっぱり、腸内環境が原因の方は多いですね。

 

 

 

ちょっとお菓子を食べたりしたらニキビができるという場合は、腸内環境が整っているとはいえません。
少しお菓子を食べた程度で肌に出るという方は、意識して腸内環境を改善するような食事をしてみることをオススメします。

 

 

私自身、ちょっとお菓子やファーストフードを食べたくらいでは肌には全く現れません。日々の継続は大事ということですね。

 

 

はちみつレモンに関しては過去に多く書いているので、「はちみつレモン記事一覧」をご覧ください。

 

 

 

 

血行を良くし老廃物を流す

 

もう1つ、行っているのは血行をよくし、老廃物を流すということです。

 

 

血液が末端まで行き渡らなければせっかく栄養をとってもうまく運ばれないだけでなく、冷えなども引き起こします。

そこで私が行なっているのは、筋トレ。といっても、毎朝10分程度行う軽いものです。
なるべく大きい筋肉がある太腿を鍛えるためのスクワットと、背筋が曲がらないように背筋、全身筋トレとしてプランクをしています。

 

 

何か目指すスタイルがあるならば、それに合った筋トレ方法で鍛える必要があると思いますが、私の場合は健康維持の目的が多いのでこの程度です。

 

 

 

 

そして、マッサージで老廃物を流します。
これも、夜に行うのですがとてつもない時間をかけている訳ではありません。

 

 

疲れている日も、もちろんあります。
なので、時間を決めるのではなく、毎日行うことだけ決めています。余裕がある日はしっかり行い、そうでない日は軽くだけでもしています。

 

また、顔は表層リンパを流します。
よく、顔のマッサージでゴリゴリ流しているのを拝見しますが、何年後かのお顔の肌、どうなっているんだろうと思ってしまいます。

顔のリンパの7割りは皮膚表面にあるといわれています。なので、ゴリゴリ流す必要は全くないのです。
皮膚が引っ張られていたら、それは力が強すぎます。触れる程度でOKです。

 

 

頬、顎、目元、額を行なっています。
やっても、正直すぐに「顔色がパッと明るくなる!」なんて感じにはなりません。むしろ、なったら普段の生活を改めようと思います。

毎日、リンパの流れをよくしてあげるだけで、徐々に顔色が明るく健康的になってきます。くすみなども感じにくくなってくるかと思います。

 

 

 

マッサージは、少し外側からのケアも含まれていましたが、次に外側からの対策で行なっていることです。

 

しすぎないこと、刺激は減らすこと

 

 

外側からの対策は、まずはしすぎないことが1番です。
クレンジングや洗顔もしすぎはNG。クリームも塗りすぎNG。

過度に行うことで肌は刺激を受け、肌の1つ1つの細胞機能が低下してしまうようなことは絶対に避けたいのです。

 

 

していることの1つは、「その日の汚れはその日のうちに」です。
スキンケアは塗るアイテムより、落とすものの方が肌に刺激を与えてしまいがちです。
その刺激を少しでも少なくし、且つその日の汚れを翌日以降に持ち越さないのが重要です。

 

 

すでに自身でプロデュースしているアイテムは、クレンジング(PARTIE)、洗顔(TOKUN)とあるので、こちらをずっと使い続けていますし、自信を持ってオススメします。

クレンジングは、メイクに馴染むスピード、肌にある潤いを落としすぎないがメイク汚れはきちんと落ちる、流した時に落としやすいということをメインに考えています。
メイクだけでなく潤いも落としていたら…。毎日塗っている化粧水やクリーム、せっかく塗っていてもイタチごっこ。時間をかけて落としていたら…。洗浄アイテムを肌の上にずっと置いておくのは肌にとっては負担になります。

 

毎日行うクレンジングだからこそ、肌のことを考え、目的に合ったものを使うべきです。

 

 

 

また、石けんも「いやいや、普通の石けんでしょう〜」とお思いになる方もいらっしゃると思います。

石けんといっても、原料がそれぞれ違います。TOKUNの泡石けんの商品ページをぜひご覧になって見てください。
この石けんの原料の違いは、石けんの質に大きく関わります。
TOKUNの石けんをリピートする方が多いのはなぜか?それは、汚れはちゃんと落ちるのに洗った後の肌がつっぱらず、健康で綺麗な肌を作るのに役立っているからではないでしょうか。

 

ということで、「その日の汚れはその日のうちに」は、外側ケアではまず重要なポイントです。

 

 

 

そして、保湿は過度にしすぎない。これも重要です。

 

特に、今の時期は色々と塗りたくなりますが、肌は潤う機能はもっています。

 

 

先ほど書いたように、クレンジングや洗顔選びがうまくいっておらず、肌の潤いを落としていては、自分では潤いを保つことはできず乾燥していまします。
そこで、過度に保湿をしすぎると、その時はいいですが長い目でみると自分でしっかり潤いをキープできないので、日中乾燥したり、皮脂がでたりしてメイクが崩れそこから肌トラブルを招いたりします。

 

 

保湿はもちろん重要です。ただ、塗ればいいという訳ではないということと、どうやって保湿をしているのか(補うタイプ?蒸発を防ぐタイプ?など。また、保湿成分の特徴も様々です。)などを考え自分に合ったものを使うのがいいですね。

 

外側ケア足りない分は補い、肌自体はきちんと機能してくれる、これが常に綺麗な肌でいるには理想なのだと思います。

 

 

 

今回ご紹介したことは、私が毎日、特に意識せず行なっていることです。

肌の生まれ変わりを正常なサイクルで、そして肌自体もきちんと機能してくれる、そういった肌作りがしたい!という方はぜひご参考にしてみてくださいね。

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>美肌コース講座

2018/5/20・6/17

受講申し込み受付開始

正しい肌知識を得て、肌に優しいスキンケア方法に変更し、美肌を手に入れましょう♡

 

>>ヘアアレンジセミナー

2018/6/10

毎日のヘアアレンジをマスターしよう!アレンジ前の巻き髪・ピン留め・基本アレンジetc...♡

 

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいた基礎化粧品!愛用スキンケアアイテムです♡

 

>>オンラインビューティーブック

ご自宅にいながらご覧いただけるビューティーブック!セルフ美容を行うポイントなど…♡

 

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

 

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ

  

 

美肌コース講座を受講生のご感想の一部をご紹介致します♡

(クリックすると画像が大きくなります)