自然な後れ毛をだすには場所と量!

 

 

ポニーテールやアップヘアをする時に、後れ毛を出したいけれどバランスよく出すのが難しい!とよく講座でも質問をいただきます。

 

ただのボサボサになってしまったり、まとめ忘れたの?と思われてしまったり・・・。
自然に後れ毛を出すのは確かにちょっとコツがいるかもしれません。

 

ただ、後れ毛を出す場所、量さえ間違えなければ自然に仕上げることができます。

 

 

後れ毛を出すには場所と量が重要!

 

たくさん出し過ぎてしまっても、数本だしてもうまくいかない後れ毛。
上手くできないなら出さない方がマシなくらいです。

 

しかし後れ毛があると、ふんわり感がでたり、ラフな感じを演出できたりします。

 

では実際に、後れ毛を出してみて、場所と量はどの程度だと上手くしっくりくるのかを確認してみましょう。

 

 

 

わかりやすいようにポニーテールをしました。

   

実際に後れ毛を出す時は、まとめて結ぶ前にとってあげるといいですよ。

 

 

まず、最初に後れ毛を出す箇所は

指で押さえている部分です。

 

耳の上あたりですね。

 

 

 

次に出す箇所は

耳の後ろで耳の中間くらいの位置です。

 

 

この2箇所から後れ毛を出すと

このようになります。

 

 

最初に出した後れ毛は、分かりやすいように耳にかけて後ろにもってきましたが、耳前におろしてもOKな位置です。

 

 

そして、毛の量にも注目してください。

 

1箇所(後ろ部分)の後れ毛の本数を数えてみましたが、23本でした。
意外と本数があってびっくりしましたが、ひとつまみとると大体このくらいの本数になると思います。

 

多すぎてもただのぼさぼさ、まとめ忘れになってしまうので、この程度が自然に見える量だと思います。
もし、毛束の量を多くしたいのであれば、中途半端に毛量を多くするのではなく、おもいっきり出した方がいいですね。その方が、アレンジ的にも映えます。

 

 

 

そして、後れ毛を出したらニュアンスをつける程度でもいいので必ず巻くようにしています。
でないと、触覚のようになってしまうので・・・。ヘアアイロンを使わないという方も、後れ毛には自然なカールをつけた方馴染みますよ。

 

 

 

基本はこの方法で、バランスを見てもう少し後れ毛をだしたり、場所を少し変えてみたりしてくださいね。

 

 

後れ毛があると、簡単にまとめただけでもなんだかちょっと凝って見えるから不思議です。

普段のポニーテールでも、お出かけ時はちょっと後れ毛を出すだけでも雰囲気が変わりますよ。
綺麗で自然な後れ毛をだせるよう、ぜひ実践してみてくださいね!

 

 

 

→10月ヘアアレンジ講座残席のこりわずかです!

詳細はこちら

魅力度300%UP講座  3月18日

昨年大人気で追加開催された講座を今年も開催!

満席

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>美肌コース講座

第10期生 -2018/2/4・3/4- (満席) 

正しい肌知識を得て、肌に優しいスキンケア方法に変更し、美肌を手に入れましょう♡

 

>>ヘアアレンジセミナー

2018/1/28  (満席)

2018/3/10

毎日のヘアアレンジをマスターしよう!アレンジ前の巻き髪・ピン留め・基本アレンジetc...♡

 

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいた基礎化粧品!愛用スキンケアアイテムです♡

 

>>オンラインビューティーブック

ご自宅にいながらご覧いただけるビューティーブック!セルフ美容を行うポイントなど…♡

 

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

  

 

美肌コース講座を受講生のご感想の一部をご紹介致します♡

(クリックすると画像が大きくなります)