洗顔料を選ぶ3ポイント

 

皆さんは洗顔料を選ぶ時はどのような基準で選んでいますか?

 

価格、ブランド、パッケージに書いてあることなど、商品から読み取れることは沢山ありますよね。

私は、ある3つのポイントをチェックするようにしています。

 

 

洗顔料を選ぶ時に確認すべき3ポイント

 

肌が綺麗な方はクレンジング、洗顔選びにこだわっている方が多いです。
スキンケアは肌を健やかに保つ為にしているのですが、大きさ関わらず刺激を与えてしまうものです。できるだけその刺激を減らしたいですよね。

 

中でも「落とす」という行為のクレンジングや洗顔選びに失敗してしまうと、肌にかかる負担や刺激を大きくしてしまうかもしれません。

 

 

そこで、できるだけ今の自分の肌状態に合ったものを選びたいのですが正直どこを見ればいいのか、そして他のアイテムとの差がよくわからないと思われているアイテムでもあります。

 

 

洗顔料の場合はここは最低限見て欲しいというポイントがあります。

それは、

・メインの洗浄成分
・「洗う」ことが主となっているアイテムか
・洗うこととは違う刺激が加わるようなものか

という点です。

 

他にも見るべきことはあるのですが、まずはこの3ポイントは最低限チェックしましょう。

 

 

メインの洗浄成分

洗顔料を選ぶ時の最大のポイントは、どんな洗浄成分を使っているのかということです。
名前の通り、洗うことを目的としているアイテムなので、この部分が1番肝心です。

 

 

洗顔料に使われる洗浄成分には色々な種類があります。

界面活性剤という言葉を聞くと急に難しく感じてしまうかもしれませんが、そんなことはありませんよ。

 

洗顔料でよく使われているのは、アニオン界面活性剤、また両性界面活性剤などです。

アニオン界面活性剤だからいい!両面活性剤だからいい!などということを一括りにしては言えません。

アニオン界面活性剤を上げても、分類される界面活性剤は多くあります。あくまでもその界面活性剤を特徴で分けただけです。

 

 

沢山の界面活性剤がありますが、気になったり自分が使っている洗顔料の界面活性剤はなんだろう?という程度は確認するようにしましょう。

 

 

洗顔料だと、多くの商品は水の次あたりに界面活性剤の配合量が多くなります。
成分表示を見て、上位5、6個の成分をチェックして、どのような特徴の界面活性剤なのかを見てみる癖をつけましょう。

 

ちなみに、「石けんは界面活性剤じゃないから〜」などという事もたまに耳にしますが、石けんも界面活性剤で、アニオン界面活性剤に分類されます。

 

 

また、W洗顔という言葉があるように、クレンジング剤残りも洗顔で落とすことが必要です。
クレンジング剤が肌に残ったままだと肌上で酸化し肌トラブルの原因になってしまうことがあります。

 

 

そして勘違いされがちなのが、洗顔料の洗浄力は穏やかであればその方がいいということです。

洗浄力が強すぎるものを使う必要はありませんが、汚れが落ちないものを使っているのは問題です。
また、洗浄力が低いもので時間をかけて洗うこともおすすめしません。
ただでさえ肌の上の汚れを落とすものなのに、長時間肌の上にのせていたら・・・・。

 

考えただけでも肌が心配になりますね。

長くても30秒程度、この時間できちんと汚れを落とすことができるようなアイテムを選ぶようにしましょう。

 

 

汚れが落ちているかどうかは目視だけでなく、肌のごわつき加減や吹き出物や毛穴トラブルなどが頻繁に起きてるかどうななどの日々の肌状態でもチェックするこができますよ。

 

 

「洗う」ことが主となっているアイテムか

「メインの洗浄成分」でも書いた通り、洗顔料を使う目的は顔を「洗う」ことです。
汚れを落とすことがメインなのに、“美白”だとか“保湿”などの謳い文句で商品をアピールしているものがありますね。

 

これは、1番大事なことではありません。付随して見る程度のものです。よって、この言葉で洗顔料を選ぶことはやめましょう。

まずは、洗浄成分がどんなものなのか、そしてそれは今の自分の肌状態、メイクにあっているのかどうかを見る。
そこで良いなと思ってからはじめて付随しているものは何かをチェックすればいいのです。

 

 

洗うこととは違う刺激が加わるようなものか

スクラブ、ゴマージュといった言葉がついた洗顔料がありますね。
こういったものは毎日使う普段使いの洗顔料には不要です。

 

肌に刺激を与えてしまうのは洗浄成分だけではありません。摩擦も刺激を与えてしまう大きな要因の1つです。

 

洗顔料でゴシゴシ肌を洗うことは避けようとしているのに、スクラブが入っていたりするものを普段使いして古い角質を落とそうとするのは少し矛盾していますよね。

 

正常な肌のターンオーバーが行われていれば、普段のきちんとした洗顔で古い角質も垢などとして剥がれ落ちていきます。

 

しかし、肌に摩擦などの刺激を角に与えるとターンオーバーが乱れて早まったり遅くなったりしていまい自分自身の肌のバリヤ機能が低下していまいます。

 

角質が気になるのであれば、毎日スクラブをするのではなく週に1度ごわつく部分だけ酵素洗顔やクレイパックを取り入れるなどして対応してあげることをオススメします。

 

 

自分に合った洗顔料を選ぶことができると、同じ化粧水やクリームを使っていても肌は変わってきます。

 

 

美肌コース講座受講者の方のご感想でも、クレンジング・洗顔で変化を感じた!という方がとても多いです。

どんなクレンジング・洗顔を使っているのか、そして肌悩み・肌状態を聞いて一緒に対策を考えていく方法は最初に取り組むべきことなのですね。

 

 

美肌コース講座は、今年は残りあと2回の募集です。

第8期生→9/3・10/1(現在受講申し込み受付期間)

第9期生→11月・12月予定

 

 

今年中に肌を綺麗にしたいのであれば、あと4ヶ月、いまから始めれば変化を少しでも感じることはできると思います。

 

 

美容は、自分に合ったことを毎日継続することです。劇的に変化をすることはありません。

 

 

毎日、モチベーションを維持して取り組んでいきましょうね。

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>SelfBeauty Lesson

-美の3大要素をパーフェクトに!-

2018/7/22

印象をつくる3大要素。それは、ヘア、眉(目元)、口元。

この3大要素をしっかりマスターして美を手に入れましょう!

 

>>美肌コース講座

2018/5/20・6/17

正しい肌知識を得て、肌に優しいスキンケア方法に変更し、美肌を手に入れましょう♡

 

>>ヘアアレンジセミナー

6/10

8/5

毎日のヘアアレンジをマスターしよう!アレンジ前の巻き髪・ピン留め・基本アレンジetc...♡

 

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいた基礎化粧品!愛用スキンケアアイテムです♡

 

>>オンラインビューティーブック

ご自宅にいながらご覧いただけるビューティーブック!セルフ美容を行うポイントなど…♡

 

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

 

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ

  

 

美肌コース講座を受講生のご感想の一部をご紹介致します♡

(クリックすると画像が大きくなります)