くすみや色ムラを隠すナチュラルベースメイク!

 

ナチュラルにベースメイクを仕上げる為には厚く塗るのではなく、色を活用することが大事です。

例えばちょっとした目のしたのくすみや、小鼻付近の色ムラなどファンデーションを塗っても綺麗に隠せないなという時。

そんな時はコントロールカラーを使ってみましょう。

 

 

イエローカラーを活用

イエローベース、ブルーベースとパーソナルカラーの違いから使いやすい色やしっくりこない色もあります。

 

イエローだと、ブルーベースの方は使いにくいと感じる方もいらっしゃいますね。
ただ、日本人はブルーベースの方でも肌は少し黄みがかっている方も多いので合う方もいらっしゃいます。

 

イエローのコントロールカラーは、ちょっとしたくすみや、色ムラをカバーするのに使いやすいカラーです。

 

例えば、目の下のくすみや小鼻付近の色ムラでなどです。

 

 

 

以前、

ここをカバーするとメイク仕上がりが1ランクアップ!

でグリーンのコントロールカラーの内容をアップしましたが、グリーンを使うほど赤みはない、グリーンを使うと逆に浮いてしまうという場合にはイエローを試してみてください。

 

 

使いやすいアイテムでおすすめは

Dior フィックスイットカラー

 

 

グリーンのコントロールカラーでも、紹介したアイテムですね。

コントロールカラーが使い辛いなと感じる1つに「カラーの主張が逆に目立ってしまう」というものがあります。
多くぬりすぎたり、色が濃すぎたりすることで肌悩みのカバーをするはずがそのカラーが目立ってしまってはもったいないですよね。

 

Diorのフィックスイットカラーは、スティックタイプなので多く塗りすぎてしまうこともなく色も使いやすい調節しやすい濃さです。

 

 

腕に塗るとこんな感じ。

 

 

 

 

 

そのまま直接塗ってもいいのですが、私は指にとってから肌にのせるようにしています。

 

 

 

例えば、目の下に塗る時。

片目の下ならこの量で十分。

 

ぽんぽんと軽く叩くようにしながら肌になじませていきます。

 

 

 

 

肌への密着感も高いので、コントロールカラーで色を整えてから上からファンデーションやパウダーを重ねてあげると色悩みが気にならなくなります。

 

 

カラーを活用すると、ファンデーションを厚塗りする必要もなくなり、肌の色が整うので透明感も出しやすいですね。
1度使うと、肌悩みを隠すのに手放せなくなります。

 

 

メイクはただ重ねればいいという訳ではないですよね。

 

肌悩みに対しては、その悩みに合ったアプローチをしてあげることで肌は一気にキレイに見えるようになりますよ。

 

SelfBeauty Bookを読んでいただいた方からメッセージをいただいたのですが、スキンケアのみならずメイクやヘアも自分に取り入れやすいものを少しずつ取り入れて毎日セルフ美容を楽しまれているとのことでした。

とても嬉しいです!

 

 

 

なんでもまずは挑戦してみましょう。
もし、うまくいかなかった場合は次回の参考資料になっていきます。

 

自分を綺麗・可愛くできるのは、自分の行動のみです。

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>美肌コース講座

第10期生 -2018/2/4・3/4- 

正しい肌知識を得て、肌に優しいスキンケア方法に変更し、美肌を手に入れましょう♡

 

>>ヘアアレンジセミナー

2018/1/28  

毎日のヘアアレンジをマスターしよう!アレンジ前の巻き髪・ピン留め・基本アレンジetc...♡

 

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいた基礎化粧品!愛用スキンケアアイテムです♡

 

>>オンラインビューティーブック

ご自宅にいながらご覧いただけるビューティーブック!セルフ美容を行うポイントなど…♡

 

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

  

 

美肌コース講座を受講生のご感想の一部をご紹介致します♡

(クリックすると画像が大きくなります)