ふんわり前髪に大切なのは、立ち上げです!

 

今の自分を印象を変えたいな、と思うなら

前髪

まゆげ

これを変えると印象が一気に変わります。

 

講座をしていると、メイクや前髪についての質問をたくさんいただきます。

ブログアンケートやSNSでも前髪についてのお悩みをいただくことが多いと感じます。

 

今ある前髪の分け目を変えたり、

サイドにしっかり流していたものをふんわり流したり、

たったそれだけでも印象が変わるのです。

 

その中でも、

「ふんわり前髪を流す」

コレが特に難しいと感じている方が本当に多い。

 

 

わたしも、昔はとても悩みました。

毎日のセット時に自分の思っているようにいかないのです。

 

自分でセットする際にふんわり流すには、

ここは押さえて欲しい!というポイントがあります。

 

 

根元からしっかり立ち上げる!

 

前髪に関しては、

前髪がぱっくり割れる、上手く流せない時は◯◯にポイントがある!

中途半端前髪のふんわり流し方(ヘアアイロンの使い方)

といった記事もあるのでそちらも一緒にご参考にしていただきたいのですが。

 

まず、自分でふんわり前髪をつくるポイントの1つ。

 

根元からしっかり立ち上げる!

 

 

実際、今の私の前髪は、中途半端な長さ。

cimg8537

どう流しても非常に中途半端。

 

 

この前髪を

cimg8544

このようにふんわりさせるには、

毛先の流れも重要ですが、

根元からふんわりさせてあげることが重要。

 

 

そこで、

cimg8539

このようにロールブラシを使います。

 

このロールブラシを写真のように入れたら、

 

cimg8542

根元からくいっと上に引き上げるようにロールブラシを動かします。

 

 

そして、流す。

 

これを、ドライヤーの温風ををあてながら数回行います。

 

すると、それだけで先ほどのように

cimg8544

根元がふんわりします。

 

ロールブラシを抜く際に、

毛先流れを意識して流したい方向にす〜っと抜くと

毛先も綺麗にながれます。

 

 

 

毛先がうまくいかない場合

 

 

ここまでうまくいけばもう完璧です。

 

ただ、毛先がうまく流せないという方は、

ヘアアイロンで毛先を巻いてあげましょう。

わたしも、このままだといくら根元をふんわりさせても

目にかかってしまうので

自然な前髪の流し方 【ヘアアイロン編】

という記事のように最近は毛先を巻いていますよ。

 

すると、

cimg8547 cimg8549

このように、毛先の流れをしっかりつくることができます。

 

 

 

 

前髪に関しての記事をたくさん上げています。

その理由は、ちょっとした長さの違いによって、

流し方や工夫の仕方が色々あるためです。

 

 

自分でやりやすい方法、

自分に合った方法が見つかると思いますので、

記事カテゴリーHAIRもご参考にしてみてくださいね。

 

 

前髪1つで自分を更に可愛く、綺麗に!

してあげましょう!

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>美肌コース講座

2018/5/20・6/17

受講申し込み受付開始

正しい肌知識を得て、肌に優しいスキンケア方法に変更し、美肌を手に入れましょう♡

 

>>ヘアアレンジセミナー

2018/6/10

毎日のヘアアレンジをマスターしよう!アレンジ前の巻き髪・ピン留め・基本アレンジetc...♡

 

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいた基礎化粧品!愛用スキンケアアイテムです♡

 

>>オンラインビューティーブック

ご自宅にいながらご覧いただけるビューティーブック!セルフ美容を行うポイントなど…♡

 

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

 

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ

  

 

美肌コース講座を受講生のご感想の一部をご紹介致します♡

(クリックすると画像が大きくなります)