たるみやシワにはコケーゲンを塗る!では対策になりません!

 

女性は誰しも肌悩みを持っています。

その中でも、年齢を重ねるこ気になり始めるのが

たるみ・シワ

です。

 

若い頃は、ちょっと不規則な生活をしたって、

スキンケアを真剣に取り組まなくたって、

まあ肌はなんとかなった!という方も多いかもしれません。

 

20台後半から、だんだんと、

あれ?こんなところにシワあったっけ?

なんか、肌がたるんでる?ハリがないような・・・

といった変化に気がついてきてしまうことが多い。

 

 

なぜ肌がたるんだり、シワになったりとするのでしょうか?

 

 

それが分かれば、

今が一番、未来から見たら若い訳ですから

対策ができますよね。

 

たるみやシワは、肌の真皮層が関係してくる

肌がいくつかの層になっていて、

表面から、

表皮層

真皮層

皮下組織

となっています。

 

スキンケアアイテムでケアしているのは、表面の表皮の部分。

化粧水をたくさん肌につけて浸透させても

表皮の下にある真皮や皮下組織まで浸透している訳ではないと

今現在は言われています。

 

 

そのスキンケアが浸透しない真皮層には

よく聞く「コラーゲン」が存在しているんですね。

このコラーゲンは約70%ほど存在しているのですが、

年齢を重ねるとともに減少してしまいます・・・・。

 

よって、年齢を重ねてくると

たるみやシワが気になってくるという訳です。

 

が、年齢を重ねる以外にも、このコラーゲンを減少させてしまう事があります。

それは、「紫外線」です。

この紫外線のUV-Aという波長の長い紫外線は、

真皮層まで到達し、コラーゲンを破壊してしまう・・・・

 

恐ろしいですよね。

 

ただでさえ、スキンケアでどうにかしようにも難しい真皮層。

毎日の紫外線ケアがとても大切な理由が良くわかりますね。

 

毎日できる対策

 

では、なにか対策はできないものか?

 

まずは、紫外線対策です。

 

 

多くの方は、SPFの値を気にしますよね。

SPFが50だから安心!

そうかもしれませんが、SPFは、UV-Bの防止効果を表したものです。

UV-Aの防止効果を表したものは、PAになります。

 

スクリーンショット 2016-08-25 17.38.14

(スキンケア講座の資料の一部抜粋)

 

 

多くのアイテムは、

SPFが高いものはPAの防止効果も高いものが多いのですが、

やはりきちんとみてあげましょう。

 

ちなみに、この真皮層まで届くUV-Aは、

夏だけ特化して量が多い訳ではありません。

 

夏はやはり多いのですが、UV-Bほど、秋冬にかけて減少するものではないのです。

 

 

______________________

国立環境所のつくば局の観測データです→

http://db.cger.nies.go.jp/gem/ja/uv/uv_sitedata/tsukuba/results.html

 

 

例えば、2014年でみると、

UV-Bは、一番少ない12月と一番多い8月を比べると

約5〜6倍も増えていることがわかります。

 

しかし、UV-Aは、一番少ない時と大き時を比べても

その違いは約2倍です。

______________________

 

 

よって、

たるみやシワに影響を及ぼすUV-Aへの対策は毎日行う!!

これはとても大切なこととなってきます。

 

 

 

さて、防止はするのはあたりまえ。

では、コラーゲンを増やす方法はないのでしょうか?

 

 

 

 

コラーゲンを増やすには?

スキンケア講座で、

コラーゲン配合のスキンケアアイテムを塗ったからといって

ハリ感が増してくる訳でないということを言っています。

 

美肌になる為の私の10のルールでも、

コラーゲン配合のものは、あくまで保湿成分としてみると書いてありますよね。

 

真皮層まで到達!といったアイテムも最近は見かけますが、

実際どうなのか・・・

(そのあたりは、また別記事で書きたいと思います。)

 

 

ただ、外側からコラーゲンを塗ったところで

真皮まで到達はなかなか難しいというのが

現在では言われている事です。

 

 

では、コラーゲンを食べたら?

よく、コラーゲン◯◯といったものを見かけます。

コラーゲンは、タンパク質なので

食べたあとは分解され、アミノ酸になります。

 

よって、コラーゲンを食べたからといって

直接的に肌のコラーゲンが生成されるということではないそうです。

 

 

じゃあどうやったら増えるのか?

わたしのオススメは、

コラーゲン生成の為に必要な栄養素を摂取するということです。

 

 

 

たった1回、コラーゲン鍋を食べたり、

コラーゲンドリンクを飲んだりするのではなく、

普段の食生活からコラーゲン生成に使われる栄養素を取っていくということです。

 

それは、タンパク質とビタミンCです。

ビタミンCは、アミノ酸を組み立てて、タンパク質(コラーゲン)

を生成するのに役立ちます。

 

しかし、私たちの体は、命に関わる部分から色々と作られます。

コラーゲンって、例えば1番優先的に作られるべきものではないんですね。

 

なので、タンパク質とビタミンCは

意識して摂取するくらいがいいのだと思います。

 

 

CIMG7514

これは最近意識して取っているもの。

 

家でも豆乳ラテにしたり、

小腹が減っらたチーズを食べたり。

 

ヨーグルトは、

IBS&ヨーグルトコンサルタントのyuriさんの

ブログを読んでから、毎日取っています。

 

 

 

その他にも食事では必ず野菜を取ったり、

納豆、たまごはほぼ毎日食べています。

お肉もよく食べますよ。

(ただ、タンパク質のみをたくさん取りすぎるのは、腎臓に負担がかかるので、

それ以外の食品もきちんととるようにしていますよ。)

 

 

 

スキンケアで肌状態をよくしていくことも、

もちろんできるのですが、

根本的に自分をつくりだす食事はとても大切ですよね。

 

ビタミンCなどは、忙しい現代人にとっては

なかなか摂取が難しいものかもしれません。

そういった場合は、食品であるサプリメントを

有効活用するのもいいと思います。

ビタミンCのサプリもとても多くあるので

わたしの選択基準をまたブログに書きたいと思います。

 

 

 

今はそんなにたるみやシワも気にならない!

という方も、

ちょっと最近きになりはじめている!

という方も、

今日の内容はしっかり理解しておくことをオススメします。

 

真皮層はとても肌に重要なところ。

未来の自分の綺麗の為に、

しっかりと予防と対策をしましょうね。

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>SelfBeauty Lesson

-美の3大要素をパーフェクトに!-

2018/7/22

印象をつくる3大要素。それは、ヘア、眉(目元)、口元。

この3大要素をしっかりマスターして美を手に入れましょう!

 

>>美肌コース講座

2018/5/20・6/17

正しい肌知識を得て、肌に優しいスキンケア方法に変更し、美肌を手に入れましょう♡

 

>>ヘアアレンジセミナー

6/10

8/5

毎日のヘアアレンジをマスターしよう!アレンジ前の巻き髪・ピン留め・基本アレンジetc...♡

 

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいた基礎化粧品!愛用スキンケアアイテムです♡

 

>>オンラインビューティーブック

ご自宅にいながらご覧いただけるビューティーブック!セルフ美容を行うポイントなど…♡

 

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

 

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ

  

 

美肌コース講座を受講生のご感想の一部をご紹介致します♡

(クリックすると画像が大きくなります)