くすみ、ごわつき払拭!この方法でなめらかな肌に!【1】

今の季節の肌悩みの1つ、

なんだか、

肌がくすんで見える・・・

肌がごわつく・・・・

 

 

くすんでいると、メイクもぱっとしないし、

透明感も、なにもない。

ごわついていると、メイクのりも悪い。

 

根本的な解決は、

きちんとした毎日のメイク落とし+洗顔+保湿ケア

を、肌に刺激が少ないよう行っていくことです。

 

 

 

それは大前提として、

今日よりも明日、

ちょっとくすみやごわつきが

よくなったかな〜?と感じたいのが、本音ですよね。

 

では、くすみ、ごわつきケアを

行ってみましょう!

 

今日、明日と続けて、

誰でもできる、

くすみとごわつき改善方法について書かせていただきます。

 

 

 

やりがちな、逆効果なもの

まず、くすんだり、ごわついていたりするとみなさんがやりがちなのは、

シート系の角栓など除去するアイテム

スクラブ洗顔

ピーリング効果のある洗顔

などが多いですね。

 

 

なぜか?

今あるごわつき、角栓や角質を剥がそう!とするためです。

この方法は、オススメしていません。

 

例えば、小鼻の黒ずみが気になるので、

酵素洗顔で月に1、2回やさしく洗ってあげる程度ならいいと思います。

 

ただ、酵素洗顔自体は洗浄力が高いものなので、

長期間続けて使うことはオススメできません。

 

また、スクラブ洗顔なんて、もってのほかです。

洗顔したいのに、なぜ肌を傷つけるようなことをするのか・・・。

 

シート系のものも、ありえません。

 

 

共通しているのは、

いきなり剥がしたり、除去したといって、

なくなるのはその瞬間だけです。

角栓をとったからといって、そこは毛穴。

毛穴なので、穴があいています。

またそこに汚れがたまり、余計に目立って見える。

その繰り替えしです。

根本的な解決になっていない。

 

 

よって、本当に毛穴のケアをしたいなら、

上記にあげたように、

毎日の汚れを落として保湿をきちんと行うことが1番の近道なんです。

 

 

よって、スクラブ洗顔や、シート系の剥がすもの、

ピーリング系を多様してしまうことはやめましょう。

 

 

まずは毎日行うこととして

 

じゃあ、くすみやごわつき解消にはなにをすれば、

少しでも日々改善していくの???

 

今日、明日とご紹介する方法は、

わたしもたまに行う方法です。

これを行うと、肌がするっとなめらかになり、

肌のトーンも上がって見えます。

ただ、剥がしたり、こすったりすることはしません。

 

まずは、毎日つかっているアイテムを、

きちんと使ってあげましょう。

 

まず、洗顔をする際、みなさんはどのように行っていますか?

クレンジング後に洗顔をするかと思います。

 

もちろん、洗顔料を少し水でとかして、ごしごし・・・

なんてことはしていないと思います。

 

肌に摩擦を与えることは、極力さけます。

よって、綺麗に泡立ててあげてください。

(ちなみに、ポンプ式の洗顔料で、泡ででてくるもの。

わたしはあまりオススメしていません。)

 

泡立てるときは、手でももちろんいいのですが、

ネットを使うと簡単ですよね。

 

そこで、もこもこの泡をつくって顔を洗うのですが、

その際、長時間、洗うのはやめましょう。

 

泡を顔にのせて、泡を動かすような感じで顔全体を洗います。

CIMG5016

このくらい、もこもこ泡で私は洗っています。

 

CIMG5015

反対にしても落ちないくらいが目安。

 

ちなみに、何分も顔を洗っている方もいるのですが、

洗顔料は、顔を洗浄するものですよね。

よって、そんなに何分も顔に置いておくことはオススメできません。

 

わたしは20秒も置いていないかな?くらいです。

 

この方法で、洗顔を今日は行ってみてください。

 

いつもの方法より、どうでしょう?

いつも洗いすぎの方は、物足りないかも。

泡を立てたことがない方は、びっくりするかも。

 

 

わたしは洗顔方法を変えて、肌荒れが改善したので、

洗顔方法は色々試しましたが、今はこの方法に落ち着いています。

ぜひ、行ってみてください。

 

 

 

洗顔後の保湿

では、洗顔後の保湿です。

 

くすみ払拭には、保湿がとーーーっても大切。

その理由は、肌の水分量と、光の反射に関係があるのですが、

そのことについては以前

ナチュラル透明感メイクの全プロセス公開

で書かせていただいているので、そちらをご参照ください。

 

とにかく、肌の水分量が少ないということは、

透明感なんて感じるはずがないということです。

 

ファンデーションんを厚塗りしたら透明感を感じない。

それは、光反射の理由を考えればよくわかりますよね。

 

よって、保湿は必須。

 

まず、保湿はコットンパックか?

手で行うのか?

とありますが、わたしは手で行う派です。

 

ものによってはコットンを使うこともありますが、

手で重ねづけをすることによって、

ムラもふせげ、

日々自分の肌状態を手のひらで感じるので

肌変化にもかなり気がつくようになります。

 

 

化粧水は、3回はつけています。

手のひらにだして、肌につける。

肌の上に水分を感じなくなってきたら、またつける。

これを繰り返します。

自分で満足するまで、重ねてつけていきます。

 

 

そして、水分を肌に乗せたら、蓋。

蓋=油とまだ思っている方が多いのですが、

肌に蓋をするには、油、

ようるすに油分だけでは完璧ではありません。

 

 

油分のみの蓋だと、外気の湿度が低下したとき、

肌から水分が簡単に逃げ出します。

 

よって、蓋をするクリームや、乳液には、

保湿成分である、

セラミドなどのラメラ構造を作る

保湿成分配合のアイテムを使うことをオススメします。

 

ここまで丁寧にやって、

洗顔、保湿は完成です。

 

 

 

上記に書いたことが、

普段と変わらない方、

ちょっと違う方、いるかと思います。

シンプルすぎ?という方もいるかもしれませんが、

基本はこのような感じです。

 

 

この状態でケアしてみて、

明日、実際にくすみ、ざらつきに対してパックを行います。

 

 

なにでパックを行うのか?

それは、

「はちみつ」です。

はちみつは、今や美容効果が高いことは知られていますよね。

はちみつパックをすると、

びっくりするほど、肌がなめらかになります。

 

 

角質や角栓を無理やり剥がしているわけではないので、

肌刺激が少ないというのが使うポイントです。

 

はちみつパックは毎日行うものではないので、

まずは、今日書いたような洗顔、保湿をきちんと行う。

その上で、こういった方法を行うことをオススメします。

 

では、はちみつの美容効果、はちみつパックの方法について、

明日のブログでご紹介いたします。

楽しみにしていてくださいね。

 

 

くすみ、ごわつき払拭!この方法でなめらかな肌に!【2】

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>美肌コース講座

第10期生 -2018/2/4・3/4- 

正しい肌知識を得て、肌に優しいスキンケア方法に変更し、美肌を手に入れましょう♡

 

>>ヘアアレンジセミナー

2018/1/28  

毎日のヘアアレンジをマスターしよう!アレンジ前の巻き髪・ピン留め・基本アレンジetc...♡

 

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいた基礎化粧品!愛用スキンケアアイテムです♡

 

>>オンラインビューティーブック

ご自宅にいながらご覧いただけるビューティーブック!セルフ美容を行うポイントなど…♡

 

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

  

 

美肌コース講座を受講生のご感想の一部をご紹介致します♡

(クリックすると画像が大きくなります)