無知な紫外線対策で肌にいいことしている気になっていませんか?

老化の大きな原因にもなる紫外線。

 

このブログを読んでいただいているということは、

少しでも美容に興味があるからだと思います。

 

そういった意識の高い方々は、きちんと紫外線予防として

日焼け止めを塗ったりと日々ケアされていることかと思います。

 

 

【紫外線=老化の原因 ということで、

紫外線をきちんとカットしなければ!!!

SPFやPAは高いものを選ぶ!

塗り直しだってちゃんとしている!!】

 

これは、もうほとんどの方がしています。

 

正直、それだけでは不十分です。

 

 

なにが不十分かというと、

日焼け止めを選ぶ力です。

 

こういったことを知っているだけで、

自分のスキンケアや、肌状態、

将来の肌が変わると思います。

今日は、紫外線予防のために日焼け止めを選ぶなら。

 

 

紫外線カット剤は大きくわけて2種類ある

 

ということはご存知でしょうか?

・紫外線吸収剤

・紫外線散乱剤

といったものがあります。

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の比較は、ぐぐればたくさんでてきます。

 

紫外線吸収剤

透明で白浮きしにくく、汗につよい。
さらさらした使い心地

紫外線散乱剤

白浮きしやすく(今はナノ化されてものなどもあるので、しにくくなりやすくなっているものもある)

汗には弱い
こっていりとし使い心地

大まかには、このような特徴があります。

 

だったら、紫外線吸収剤が入っているもののほうが、

女性としては使いやすい!と思いますよね。

 

 

ただ、名前が違うということは紫外線のカット方法が変わってくるんです。

 

 

 

紫外線

 

紫外線吸収剤は、肌に紫外線が当たった時に1度吸収し、熱として放出します。

肌の上で化学反応が起きているということです。

そうすると、どうしても肌には負担があります。

よって肌が刺激を感じる方もいます。

 

紫外線散乱剤は、成分が肌に皮膜をつくり、紫外線を跳ね返します。

肌にも低刺激とされているものです。

 

 

使いやすいけれども、肌に刺激を与えてしまう、肌負担を感じてしまう場合もあるものと、

白浮きしやすい、こってりしたものだが、肌負担が少ないもの。

 

 

選ぶのが難しいですね。

 

 

 

日焼け止めには、吸収剤も散乱剤も両方使用しているものや、

片方だけのものがあります。

吸収剤は、使用感がよく、また散乱剤と組み合わせることで

高いSPFやPAのアイテムを作ることができます。

 

 

自分の判断基準をもつ大切さ

 

 

私は、社会人1年目は、営業(外回り営業)もしていて、

真夏に半日外をずっと回るということもしてきましたし、

朝の山手線の満員電車で通勤もしていたので、

夏に起こる不快感

(汗をかく、メイクがよれる、体がだるい)

ということはもう、思う存分経験しました。

そうなると、少しでも不快感を減らしたいということで

出勤前は、す〜っとするボディシートで体を拭いて、

電車でなるべく不快感を感じないように工夫したり、

メイクはよれないように、厚塗りしないで

なるべくうまくカバーしたりとしました。

 

よって、日焼け止めも同じ。

 

こってり、いかにもつけてます、肌が重いと感じてしまう

こういったものは、つけたくないんですね。

 

 

 

私の個人的な意見になりますが

スキンケアもメイクも、

いくら低刺激、いくら体にいいといっても

自分の中で「不快」と感じてしまうものは使いたくないと思っています。

 

 

ものすごく健康になれるけど、ものすごく不味いものは食べたくないですよね。

そういったことと同じです。

自分を綺麗に見せたり、気持ちよく過ごすためのスキンケアやメイクで不快を感じたくない。

 

 

よって、自分の中できちんとこういったことを見極める必要があります。

 

例えば、日焼け止めをつかって肌が荒れたことがある方。

また、肌ゆらぎが大きく肌が弱い、敏感と感じる方。

もしかしたら、吸収剤の成分が原因で肌が刺激を感じてしまうかもしれませんよね。

 

そういった方は、散乱剤のみでつくられている日焼け止めアイテムを使う方が

肌負担は少ないかと思います。

 

 

また、がっつり紫外線に浴びてしまう環境にいなければいけない場合。

以前のわたしのように、外回り営業をしていたり、

電車通勤、お仕事でアクティブに行動したりなど。

 

ジェルタイプの使用感がよく、

吸収剤と散乱剤が配合されたSPEもPAも高いものを体に使用してあげる。

などなど、自分の中で基準をつくってあげるといいと思います。

 

 

 

私の場合、

やはり顔には低刺激のものを使いたい。

そこで最近では化粧下地も変えました。

 

ファイル 2016-05-26 16 18 58

 

(これについては、長くなるので別記事でUPします)

それは、紫外線カット成分は散乱剤のみ使用されているものです。

しかし、使い心地もよい。

ただ、SPF32、PA+++ です。

日常生活には問題ないですが、

外出時は日傘でもきちんと紫外線を浴びないようにしています。

 

 

 

体は、不快感を感じるのが嫌なので

ジェルタイプのものを使用しています。

これは、吸収剤も散乱剤も配合されています。

塗っているのを忘れるくらい、使用感がいいです。

しかし、やはり熱反応などで肌は知らず知らずに乾燥してしまう可能性があるので、

入浴後に化粧水やクリームでしっかりと保湿してあげています。

 

これは今のわたしの判断基準です。

 

 

 

 

最近では、吸収剤でも肌刺激が少ないもの、

散乱剤でも白浮きしにくいものなども、

メーカーさんや、科学者の方々の研究のおかげで開発されています。

 

なので、一概に吸収剤は悪い!散乱剤は使い心地が悪い!

と思うのは、良くない傾向だと思います。

 

 

しかし、こういった方法で紫外線がカットされている、

こういった使用感、肌への影響ということを知識として持っていれば

自分で選ぶ際、かなり役立ちます。

 

 

 

「肌を守る」

というのは、大事なスキンケアの1つです。

 

SPFやPAだけで判断する、

塗りなおせばいい、

ということだけでなく、

こういったこともぜひ頭に入れましょう。

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>SelfBeauty Lesson

-美の3大要素をパーフェクトに!-

2018/7/22

印象をつくる3大要素。それは、ヘア、眉(目元)、口元。

この3大要素をしっかりマスターして美を手に入れましょう!

 

>>美肌コース講座

2018/5/20・6/17

正しい肌知識を得て、肌に優しいスキンケア方法に変更し、美肌を手に入れましょう♡

 

>>ヘアアレンジセミナー

8/5

毎日のヘアアレンジをマスターしよう!アレンジ前の巻き髪・ピン留め・基本アレンジetc...♡

 

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいた基礎化粧品!愛用スキンケアアイテムです♡

 

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

 

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ